• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

工作機械事業

ニーズを知り尽くしたユーザーがつくる、ユーザーのための高性能マシン

工作機械事業写真

スター精密の工作機械製造の歴史は、自社で部品を加工するために自ら部品用加工機を製造したことに始まりました。

スター精密のマシンは、「ユーザーが、ユーザーのためにつくるマシン」の考えのもとに生み出されています。グローバル展開は、1962年の自動旋盤のイギリス向け輸出に端を発し、現在では欧米をはじめ、世界の生産拠点として注目を集めるアジアでも生産・販売・サービス体制を構築しています。

また、独自の新世代最適制御技術であるスターモーションコントロールシステムを開発するなど最新の技術をもって常にユーザーニーズに応えています。

工作機械事業円グラフ

高精度の精密部品を生み出すスター精密の工作機械

スター精密の工作機械は主にスイス型自動旋盤(別名、主軸移動型自動旋盤)と呼ばれる高精度で小型の精密部品加工に適したタイプです。このタイプの工作機械は、元々は腕時計部品を大量に生産するために考察されたものですが、近年では自動車部品のほか、デジタル機器、医療部品の加工へとその利用範囲は広がってきています。高機能化が進む自動車、小型化が進むデジタル機器など各種先端製品ではその製品で使用する部品についても、高精度で小型の部品が必要とされています。スター精密の工作機械はまさに現在の先端製品の加工ニーズに応える製品なのです。また、スイス型自動旋盤以外にも、小物精密部品用のターニングセンターや主軸固定型自動旋盤など、従来の枠にとらわれない製品を開発し、CNC旋盤の総合メーカーとして幅広いラインアップの製品を提供しています。

ハイエンドモデル、普及機モデル

スイス型自動旋盤

スイス型自動旋盤は、腕時計部品を加工する機械として、1870年代にスイスにおいて考案されました。別名「主軸移動型自動旋盤」とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴です。加工範囲は小径加工でΦ1mm以下、太径加工でΦ38mm程度です。一般的には、細長い部品を汎用旋盤(図2)で加工を行うと、加工物がたわみを起こして正しい寸法に仕上げることができません。スイス型自動旋盤(図1)では、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュを用い、刃物はガイドブッシュから一定距離の位置で、外径方向の切り込み運動のみ与えるために、加工物はたわみを起こさずに、高精度に切削することができます。また、軸方向の運動は刃物台が移動するかわりに、主軸台が素材をくわえた状態で移動する機械構成です。

スイス型自動旋盤、汎用旋盤

独自の新世代最適制御技術 「スターモーションコントロールシステム」

複数の制御軸の位置、送り速度、加工速度を互いに関連付けて制御する、スター精密独自の制御技術が「スターモーションコントロールシステム」です。各制御が独立して自由に動作でき、全軸同時進行による理想の加工を実現しています。非切削時間を大幅に短縮することができる新世代の最適制御技術です。

NC制御による加工棒グラフ

ページの先頭に戻る