• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

カードリーダーライター:ご使用中のトラブルに関するご質問

スター精密のカードリーダーライターご使用中のトラブルについてお客様より多く寄せられた疑問点とその答えをご紹介させていただいております。

メールでのお問い合わせはこちらから
技術サポートに関するお問い合わせ
01.電源が入らない(POWER LEDが点灯しない)
電源ケーブルが正しく接続されているか、ご確認ください。
正しく接続されているにもかかわらず、POWER LEDが点灯しない場合には電源ケーブルやヒューズが断線している可能性がありますので、ご購入先様へ修理をご依頼ください。
また、POWER LEDが点灯するものの正常に動作しない場合には、症状により以下の内容をご確認ください。
  • ◎電源投入時、ブザーが1回鳴り、POWER LEDが点灯する場合はこちらの内容をご確認ください。
  • ◎ブザーが鳴りやまない場合は、こちらの内容をご確認ください。
02.動作しない(POWER LEDは点灯している)
原因としてはカードの不良やヘッドの汚れ、または機器を含むシステムに異常がある可能性があります。以下の「トラブル時の処理」をご確認いただき、カードの確認、クリーニング等を実施してください。
上記のことを実施しても解決しない場合は、故障または構成システムが正常に動作していないことが考えられますので、ご購入先様へお問い合わせください。
また、ブザーが鳴りやまない場合はこちらの内容をご確認ください。
「トラブル時の処理」
03.動作しない(ブザーが鳴りやまない)
上ケースまたはメカニズムのカバーが正しく閉じられていない可能性があります。正しく閉じられていることをご確認ください。正しく閉じていても解決しない場合は、修理が必要になることがありますので、ご購入先様へお問い合わせください。
04.クリーニングランプが点滅する
クリーニングを実施してください。クリーニングの方法については、こちらの内容をご参照ください。
05.クリーニングしても、クリーニングランプが消えない
クリーニングを行う際には、専用のクリーニングカードが必要です。
必ず、「カードリーダーライター クリーニング用品一覧」をご参照の上、専用クリーニングカードおよびクリーニング液をご使用ください。また、ご使用のソフトウェアによっては、機器がカード挿入待ちの状態になっているため、クリーニングが実行できない場合があります。この場合は、ご購入先へお問い合わせください。
06.印字が汚く(薄く)なった
印字ヘッドが汚れている可能性があります。こちらの内容を参照して、クリーニングを実施してください。
07.クリーニングしても、印字が汚い(薄い)
原因として、以下のことが考えられます。
  • ◎クリーニングカードが劣化している場合
    新しいクリーニングカードをご使用ください。
  • ◎クリーニングカードでは除去できない汚れが印字ヘッドに付着している場合
    以下の「リーダーライタのヘッドクリーニング方法」を参照して、ヘッドのクリーニングを実施してください。
    (ご注意: イレースヘッドは予熱されており、直接手を触れると火傷をする恐れがありますので、必ず冷めてから作業を行ってください。)
  • ◎カードのリライト面が劣化している場合
    新しいカードをご使用ください。
上記の対策を実施しても改善されない場合は、修理が必要になることがありますので、ご購入先様へお問い合わせください。
「リーダーライタのヘッドクリーニング方法」
08.PCを変えたら使えなくなった
一般的に、PCを変更された場合にはドライバーの再インストールや各種設定の変更が必要になります。お手数ですが、システムのご購入先様へ新しいPCに関する設定などについてお問い合わせください。解決しない場合は、こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。
09.TCP DEMOが動作しない
通信設定が正しく設定されていない可能性があります。以下の「TCP Demo 通信設定方法」を参照の上、設定を変更してください。変更した場合は、変更した部分をクリックして文字の色を反転させてから、「Set」ボタンをクリックしてください。
「TCP Demo 通信設定方法」
10.TCPIE sampleを使った時にWindows7で「NOHARDWARE」エラーが発生する
インターネットにおけるWindows7とWindowsXPのセキュリティーレベル差によるものと想定されます。
Windows7の場合、Defaultで認証されていないActiveXのコンポーネントをDownloadしないようになっておりますのでSampleプログラムが正しく機能できず、ポートをOpenできなかったためエラーが発生したと考えられます。
対策としては、お客様のWebサーバーのSiteを「信頼済サイト」として登録することで改善できます。
11.OCXを使用したアプリケーションが動作しない
OCXドライバーがインストールされているかご確認ください。OCXドライバーをインストールすると「SMJ VisualCard Control Register」が<すべてのプログラム>上に生成されます。
OCXドライバーを使用される場合は、必ずこのプログラムから「Register」を実行して下さい。
12.LANインターフェイス使用時、OCXドライバーが動作しない
LANインターフェイスをマルチセッション有効に設定してください。設定はWEB、Telnet、FTPにて変更可能です。

ページの先頭に戻る