• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

自動旋盤の特徴

自動旋盤の各種特徴についてご紹介いたします。

ECO

ECO

スター精密では、環境に配慮した工作機械としてつぎの環境基準に適合したものを「スター環境基準適合機種」としています。

「スター環境基準適合機種」
★紛体塗装された外装カバー
★RoHS部品対応率99%以上

スターモーションコントロールシステム

複数の制御軸の位置、送り速度、加工速度を互いに関連付けて制御する、スター精密独自の制御技術が「スターモーションコントロールシステム」(MC)です。各制御が独立して自由に動作でき、全軸同時進行による理想の加工を実現しています。非切削時間を大幅に短縮することができる新世代の最適制御技術です。

スターモーションコントロールシステム

ロータリーマジックガイドブッシュユニット(RMGB)

ロータリーマジックガイドブッシュユニット

これまで作業者が行っていた素材径の違いに応じた管理調整。その煩雑な作業を一切不要にするガイドブッシュ装置です。エアー圧によるガイドブッシュの締込みにより、研磨材はもちろん、引き抜き材(バラツキ0.03mm以内)でも、常にガイドブッシュとの隙間をゼロに保持。素材径選別やガイドブッシュ調整なしに、従来以上の製品の精度維持を可能にします。

スラント型すべり案内面構造

スラント型すべり案内面構造

スター精密独自のスラント型すべり案内面の刃物台は、切削点近くにX、Y軸案内面を放射状に構成できるため、機械剛性が向上します。また、ボールネジ中心を通りY軸案内面と平行する直線と切削点が近接(a1)する構成にできるため、切削抵抗によるモーメント荷重が減少し、Y軸・Z軸の刃物台剛性が向上した構造です。

バランスカット

バランスカット

ワークの両側から荒挽きバイトと仕上げバイトを同時にあて、2本のバイトを同期加工させることにより、ワークのたわみを抑え、精度の良い加工を実現します。2本のバイトで加工することにより、加工時間も短縮します。

3系統独立制御

タレットやクシ刃型刃物台でバランスカットを行い、2軸制御の背面主軸台とバック専用刃物台で背面加工を行うオーバーラップ加工が加工時間の短縮を実現します。(メイン側で旋削・ボーリング・端面穴・ミリング・クロス穴加工を行い、バック側で旋削・ボーリング・端面穴・ミリング加工を行います。)

XYZ軸制御タレット

XYZ軸制御タレット

複数の工具をタレットの一面に装着することで、工具交換時間を短縮し、高生産性を実現します。 また、タレット型刃物台はX軸、Y軸、Z軸の3軸制御であり、工具選択時の非切削時間を短縮します。

NGB(ノンガイドブッシュ仕様)

XYZ軸制御タレット

スイス型自動旋盤を基に、ガイドブッシュを取り外した主軸移動型自動旋盤です。ガイドブッシュが無いため細長い部品には不向きですが、加工物がたわまない短い部品であれば、材料を有効に使用することができます。
スイス型自動旋盤では材料の後端部分がガイドブッシュを通すのに必要な寸法分だけ加工することができずに残材として廃棄されます。ノンガイドブッシュタイプでは廃棄される残材の長さをスイス型の1/3程度に削減することができます。さらに残材前方排出型給材機ならば、残材長をMin35mmまで短くできます。

主軸筒すべり案内面(type N)

ノンガイドブッシュのタイプNには「主軸筒すべり案内面構造」を採用しています。すべり案内面で切削力を支持し、主軸台の高剛性化を実現しました。

主軸筒すべり案内面(type N)

B軸制御

XYZ軸制御タレット

工具主軸を旋回させて角度割出を行うB軸は、ワークの外周、端面に任意角度の傾斜面加工を可能にします。

(本製品のお問い合わせ先)

スター精密株式会社 機械事業部 営業技術室

TEL:0537-36-5561 FAX:0537-36-5873
〒439-0023
静岡県菊川市三沢字北ノ谷1500-34
菊川工場(地図

メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ

ページの先頭に戻る