• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

健康経営への取り組み

■スター精密健康経営宣言 スター精密グループは、ゆとりと豊かさの実現を目指し、人間尊重に基づいた事業活動を行うことを行動憲章に定め、その対応のひとつとして健康等に関する取り組みについては、従業員の健康に配慮し、安全かつ衛生的で働きやすい職場環境の整備に努めることとしています。
従業員が能力を十分に生かして活躍できるよう、基盤となる心身の健康をさまざまな取り組みでサポートしていきます。代表取締役社長 佐藤 衛

健康経営優良法人2020に認定

 当社の取り組みが日本健康会議に認められ、2020年3月
「健康経営優良法人2020」に認定されました。

健康維持・増進

1. 健康管理

 定期健康診断の項目を、自社の健康課題に合わせて追加しています。さらに35歳以上の社員は人間ドックを選択することもでき、費用の大半を会社が補助しており、受診しやすい環境を整えています。健康増進のための活動として、健康情報メールマガジンの配信、指定スポーツ施設の割引、ヨガ教室や健康セミナーの開催、スポーツサークルへの活動費補助、年に2回のウォーキングイベントなどを行い、運動習慣の定着に努めています。
 以上により2013年以降の40歳以上メタボリックシンドロームの該当者および予備軍の割合は、毎年男性22.8%以下、女性5.6%以下をキープしています。

 定期健康診断(年1回)・特殊健康診断(年2回:有機溶剤健診・騒音健診)を実施するほか、人間ドックの受診者には費用を補助しています。当社の2019年度における定期健康診断の受診率は100%(役員・育児休業者除く)と非常に高く、自身の健康管理を見直すきっかけとなっています。

2. 産業医による健康相談

 定期健康診断・人間ドックの有所見者には、受診勧奨を促すとともに事後措置として産業医面談を行っています。また、月に1度、産業医が静岡県内の各事業所を訪問し、従業員が医師に直接相談や受診できる場を設けています。

産業医の声
北島クリニック 北島直登 医師

 2020年は世界中で新型コロナウイルス感染症が流行し、日常生活も大きく変化しました。ほどんどの人が不安を感じており、また在宅勤務やオンライン会議などIT化が進む中で、働き方にも大きな変化がでています。
 このような中、産業医として正しい情報を発信したり新しい生活様式の中での従業員の健康の保持増進の活動を意識しています。スター精密には社内看護師が勤務しているため、常に連携をとりながら従業員の健康フォローをおこなっています。仕事と家庭が両立しやすい企業文化を持っている会社であり、万一病気に罹患しても復帰後のバックアップ体制があり働く環境としてはとても恵まれていると感じます。今後もスター精密の従業員が心身ともに健康であり続けるよう、サポートしていきたいと思います。

3. メンタルヘルスケア

 労働環境が著しく変化する現代においては、職場におけるメンタル不調者は急激に増加しています。当社では、これを未然に防ぐための取り組みとして、従業員のストレスや悩みを解消するために、社内にメンタルヘルスに関する相談窓口を設置しています。また、当社産業医を外部の指定診療機関に設定するとともに、外部カウンセリングサービスを導入し、メンタルヘルスケアを行っています。

4. ストレスチェック実施

 従業員のストレスの程度を把握し、自身のストレスへの気付きを促すことを目的に、2020年3月にストレスチェックを行い、職場や家庭生活に満足している社員が多い傾向にあることが分かりました。
 また、この検査結果に基づき、高ストレス者のなかから希望者には産業医面談を行いました。

5. 受動喫煙防止

 健康増進法の遵守や職場の安全衛生配慮の観点から全館禁煙としています。また、受動喫煙の防止という趣旨から、来社されるお客さまにも禁煙にご協力いただいています。なお、喫煙者には禁煙の啓発活動を継続的に行っており、2020年度における社員の喫煙率は男女計で15.2%であり全国平均16.7%を下回っています。

*全国平均は、厚生労働省「令和元年国民健康・栄養調査結果の概要」によるものです。

健康づくり活動に関する知事褒賞

 「健康づくり活動に関する知事褒賞」制度は、静岡県の「ふじのくに健康長寿プロジェクト」及び「しずおか“まるごと”健康経営プロジェクト」の柱の1つで、健康づくりに積極的に取り組む企業を増やし、働き盛り世代の健康増進等を図ることを目的としています。
 2020年度の当社の取り組みが認められ受賞企業となりました。今後も従業員やその家族に向けて積極的に健康づくり活動を展開していきます。

働きやすい職場環境づくり

1. 育児・介護休業制度

 子育てや介護が必要となった従業員が安心して働けるように育児休業制度や育児短時間勤務、介護休業制度や介護短時間勤務を設け、育児や介護に取り組みやすい環境を整備しています。職場では、従業員の休業および復帰時にはヒアリング等のフォローを行うなど、協力体制が整っており、2020年度の育児休業復職率は、100%となっています。
 当社は、一定水準以上の育児休業取得や育児に伴う時短勤務制度の設置など、国が定めた10の要件からなる「くるみん認定基準」をすべて満たし、2020年2月末に基準適合一般事業主に認定されました。

2. 労働災害の防止(安全衛生管理)

 従業員の安全衛生意識の高揚を図り、災害や疾病の予防を目的として、当社では、各事業所に「安全衛生委員会」を設置しています。委員会は毎月1度開催され、日常の安全衛生に関わる指導・教育や工場内のパトロールなど、安全衛生向上に向けた活動に取り組んでいます。なお、2020年度の労働災害は、業務災害2件、通勤災害1件でした。

3. 普通救命講習の実施

 社内にAEDを設置するほか、防災訓練のー環として「普通救命講習会」を所轄の消防署のご協力により毎年実施しています。応急手当や出血時の対応、心肺停止時の蘇生法、AEDの使い方など、シミュレーションや実技を交えての内容となっており、いざという時に備えて従業員全員が対応できるように受講を進めています。

ページの先頭に戻る