Star WebPRNT User's Manual

Star WebPRNT SDK

このSDKには、HTMLファイルとJavaScriptファイルがパッケージされています。

HTMLファイルは、WebブラウザーからWebPRNT機能を利用して印刷するまでの一連の記載方法を紹介するサンプルプログラムです。
実際に動かしながら、プリンターの制御方法を確認してください。

JavaScriptファイルは、スター精密が提供するWebPRNT機能組み込み用ライブラリファイルです。
変更は行わないでください。HTMLファイルから読み込んで使用します。

システム構築例

WebPRNT対応 Starプリンター

※ 手順にマウスを合わせることで、イラストが変化します。


 

Star WebPRNT Browser + Star Bluetoothプリンター

※ 手順をタップすることで、イラストが変化します。


* iOS Ver7.0 以降に対応しています。

プログラムファイルリスト

HTMLファイル

名称説明
ComparisonReceiptDesign.htmlデバイスフォントおよびCanvas描画による印刷が行えることを確認します。

JavaScriptファイル

名称説明
StarWebPrintBuilder.jsStarWebPRNT送信エレメントを生成します。
StarWebPrintTrader.jsStarWebPRNT送信エレメント列を送信したり、受信したStarWebPRNT受信エレメント列から状態を確認/抽出します。
StarBarcodeEncoder.jsHTML5 Canvas 2Dコンテキストへのバーコード描画を補うバーコードモジュール列を生成します。

* JavaScriptファイルは、WebPRNT機能組み込み用ライブラリファイルです。変更は行わないでください。HTMLファイルから読み込んで使用します。


Webサーバへの登録

Webサーバの運用マニュアルを参考にサンプルプログラム一式を公開フォルダ用にコピーします。

使用方法

Star HE07x/08xインターフェイスプリンター

  1. Webブラウザで公開したComparisonReceiptDesign.htmlを開き、JavaScript/Canvasのサポートに問題のないことを確認します。
    ComparisonReceiptDesign エラー画面

    *"Your browser does not support JavaScript!"と表示された場合には、お使いのWebブラウザのJavaScript設定が無効になっていますので、JavaScriptを有効に変更してください。

    *"Your browser does not support Canvas!"と表示された場合には、Canvas機能に対応したWebブラウザへ変更してください。

  2. starWebPRNTエンドポイントURLをプリンターのIPアドレスに合わせて編集します。
    SSL/TLSによるHTTPS暗号化通信を行う場合は、httpをhttpsに変更してください。
    例)https://192.168.1.100/StarWebPRNT/SendMessage

    インターフェイスのシャーシ部に”S"マークが刻印されていればSSL/TLS通信に対応しています。
    また、プリンターに証明書の設定が必要です。設定方法はIFBD-HE07/08-BE07のユーザーズマニュアルを参照してください。
    ComparisonReceiptSesign 設定画面
  3. Send(API)ボタンでデバイスフォントによる印刷が行えることを確認します。
  4. Send(Canvas)ボタンでCanvas描画による印刷が行えることを確認します。