階層別研修

階層(資格)別研修

キーワード 対象 ねらい
育成的な教育指導
問題解決と率先実行
部下への思い入れ
管理職 今後の経営の中核を担う人材の育成。
変化の時代に必要な課題解決・展開・遂行能力の強化を図る。
管理職昇格者 マネジメントの原理原則(仕事の管理・改善、人間関係、部下育成)を実践的知識として習得する。
自主的な状況判断
納期コスト意識
上司補佐
タイムリーな個別指導
指導監督職昇格者 問題を発見し、創造的なテーマを設定し、その実現のために率先的に動ける中核社員を育成する。視野の拡大・視点の向上、自分の役割の再設定、主体的問題解決者を養成する。
殻破りと責任意識
的確な理解と助言
継続的知識の習得
こまめな報告
主任昇格者 中堅社員の立場、役割、責任の理解と職務の効率的遂行に必要な知識や諸要素を体系的に整理する。自己理解を深め、職場での行動改善への手掛かりをつかむ。
参画意識と粘り強さ
正しい理解と対応
効率的な工夫改善
持続的学習意欲
入社二年目の社員 職場生活の一年間の状況等について情報交換を行い、相互啓発の場とする。組織の一員としての立場と役割を再確認するとともに、自己を振り返り、現状の課題を整理したうえで今後の行動計画を作成する。
新入社員 社会人への意識改革を図る。
仕事の進め方、ビジネスマナーの基本を学ぶ。

階層(役職)別研修

キーワード 対象 ねらい
部下の育成、評価 新たに役職に就いた者 人事考課制度の基本的意義を理解する。
評定項目の選択、評定段階の決め方などの基準を明確にする。
評価の理解・認識 役職に就かない者 人事考課制度本来の意味と社員が果たすべき役割を理解し、当社の考課制度の定義理解と自己に対する期待を再認識する。

ページ上部へ戻る