工作機械事業

独自技術を駆使し、機械系・制御系の両面からユーザーの求める工作機械を目指す

機械事業イメージ

当事業が扱っている製品はCNC自動旋盤と呼ばれる金属加工用工作機械です。もともと自社で部品を加工するために最適な加工機を自ら製造したことがはじまりでした。つまりは「ユーザーが、ユーザーのために作るマシン」という原点があったからこそ、世界各国で認められるマシンを提供し続けることが出来たと言えます。
当社独自のスラント型すべり案内面構造の刃物台は案内面に加わるモーメント荷重を低減。刃物台の剛性が上がり、安定した精度での長時間連続加工を実現しています。

また、当社独自の最適制御技術であるMC(モーション・コントロール)を開発し、実用化したことは、長い部品加工機の歴史の中で、大きな時代の変革を成し遂げた偉業であると自負しています。
機械系、制御系の両面から工作機械に求められる高精度・高生産性を追求し、開発し続けています。

ページ上部へ戻る