管理本部 経理部 船橋 美里

自分らしく、のびのびと仕事できる環境があります。

掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。

常に正確さとスピードが求められる仕事だからこそ大きな達成感が得られる

志望動機

就職活動を始めた頃は、自分の進みたい方向が定まらないまま漠然と活動していたように思います。そのせいか周りと自分を比較して焦りを感じた時期もありました。合同企業セミナーなどのイベントでも、当初は知っている会社のブースにしか行かなかったのですが、あるとき空いた時間によく知らなかった会社のブースに立ち寄り、自分が知らない中にも興味を持てる会社があることに気づきました。今振り返ると、この出来事が、「会社を選ぶ基準はみな違うのだから、周りを気にするのはよそう」と考えをあらため、その後の活動を自分のペースで進められるきっかけになったと思います。ちなみに、数ある会社のなかでスター精密を選んだ理由は、会社説明会で接した社員の話とその雰囲気を通じて、社員を大切にする会社であり、自分らしく仕事ができる会社だと感じられたためです。

ある日のスケジュール
07:45 出社
08:15 昨日の振り返りとメール確認
09:00 部内ミーティングにてスケジュール、進行状況の確認
10:00 資料作成と事業部への内容確認
12:15 同期メンバーと食堂で昼食
13:00 書籍にて会計基準、税法を勉強
15:00 新しい会計基準の考え方について会計士に確認、資料まとめ
17:00 上司への資料提出、内容説明
18:00 退社

仕事内容

私は経理部で国内の事業所に係わる決算業務を行う部署に所属しています。日常業務では、各部門からの会計処理に関する問い合わせ対応の他、全ての会計、税務案件を正しく処理するための検討をしています。実際にどのような検討を行っているのかを例にとると、交際費は会計上では費用となりますが、税務上では費用(損金)として認められません。これは企業の交際費の支出を無制限に認めてしまうと、接待を目的とした飲食などの経費を計上することで法人税の負担がいくらでも軽減されてしまうからです。このように会計と税務の違いや特徴を正しく把握し、適切な処理方法を導き出していくことが私の仕事です。
また、決算業務では、一般に公表する決算短信や有価証券報告書などの基礎資料を作成したり、税務担当として、税務監査や税務申告の対応を行ったりしています。

今後の目標

私たちが作成する資料は、社内では役員会、社外では一般に公表するものなので、数字の間違いは許されません。
しかし、緊張感のある仕事だからこそ、やり遂げた時の達成感も大きいと感じています。例えば、私がメインとなり税理士法人の対応を行っている税務監査では、まだまだ上司のサポートなしでは対応できないものの、最初から最後まで一連の仕事を任され、その役割を果たすことは大きなやりがいにつながります。私のような若い社員がこのような責任ある仕事を任せてもらえるのも、スター精密の魅力かもしれません。
ただ、私はまだ基礎知識が乏しく、資料に表れる数字の意味について理解が不十分なところがあります。その数字の目的や影響度合いなどをきちんと理解できていれば、数字が違うときにもすぐに解決することができ、正確かつ迅速な業務にもつながります。今後はもっと知識を身につけ、周りからの信頼を得られるようになりたいと思います。

学生のみなさんへメッセージ

就職活動は、最初から的を絞ってしまうのではなく、できれば幅広い分野に目を向け、その中で自分の軸に合う企業を見つけていけばよいのではないかと思います。いろいろな会社を見ていくうちに、自分の軸も固まっていくと思います。また、面接では、会社に合わせようとせず、自分の考えを明確に伝えることが大切です。会社に自分という人間を理解していただくためには、素直に自分を表現することが大切であり、そのうえで受け入れてくれる会社を見つけることが重要だと思います。

ページ上部へ戻る