精密部品事業部 製造部 髙木 鉄平

高い技術力で顧客の信頼性を確保しています。

掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。

海外でのものづくりに携わり幅広く活躍できる人材になりたい

志望動機

大学では機械システム工学を専攻し、金属材料の研究をしていました。その中で金属加工に関わる機会が多々あり、できればその経験を活かしたいと考え就職活動を行っていました。また、「日本だけで仕事をしていても面白くない」、「地盤がないところでどれだけ自分の能力が発揮できるか試してみたい」との思いがあり、海外でものづくりに携わりたいという気持ちを強くもっていました。スター精密については、自分の就きたかった仕事があることや、福利厚生が充実していたことがきっかけとなり興味をもつようになりましたが、調べていくうちに、幅広い業務内容や健全な財務体質、海外への積極展開や高い技術力を持ってものづくりに関わっていることを知り、入社を決意するに至りました。

ある日のスケジュール
07:30 出社
08:15 昨日の振り返り。メール確認。
08:30 図面製図
10:00 新規加工法試作
12:15 食堂で昼食
13:00 図面製図、データ収集およびまとめ
18:00 退社

仕事内容

自分たちの仕事は、顧客から要求のあった部品に対し、その加工方法、工程を検討し、生産に移管していくことです。手順としては、顧客からの図面を社内にて加工しやすい図面に書き直し、加工工程および加工方法方法を検討します。その後、検討内容を盛り込んだ書類を作成し、製造現場へ発行します。製造現場はその書類を基に部品の製造にとりかかります。また、製造工程での無駄を省いて製品コストを抑えたり、品質向上のために新規加工方法の検討を行ったり、その為の新規設備や検査工程の合理化機器の導入検討もします。私は自動車に用いられる部品の新規加工方法検討を行っています。今までに経験のない加工のため、データ収集から新規設備の検討、コスト試算まで全てを把握しなくてはなりません。また、自動車部品は人命に関わるものでもあるため、品質がとても厳しいものとなっています。新規加工法で加工するにあたり、厳しい品質要求に答える事ができ、なおかつ、製造コストがかからない加工方法の検討はとても骨の折れる作業となっています。

今後の目標

現在の仕事は製造現場と関わりを持つ事が多く、製造現場で作業することで改善の糸口を発見することがあります。自分の提案が大きな改善につながり、その効果を数字で確認することができたとき、非常にやりがいを感じます。技術者としての経験不足を痛感する時は、顧客から受け取った図面を書き起こす際に、その図面に矛盾があっても、気づかずに製図してしまう時です。その部品がどこでどのように使われる部品なのかが想像できれば、疑問に感じることができるのですが、設計者の意図を読み解く力が足りないためにそのまま書いてしまい、出図された後に製造のスタッフに指摘され、再出図を余儀なくされる事もあります。これからは、さらに経験と知識を養い、図面を読み解く力を身につけ、設計者の意図を汲み取り、図面を見ただけで加工方法やその部品の用途がわかるようになりたいと考えています。また、将来的には、海外でも能力を発揮できる人材となり幅広く活躍をしていきたいです。

学生のみなさんへメッセージ

私が就職活動を行っていた時の環境は厳しいものでしたが、そのような状況下でもできる限り就職活動を楽しむように心がけました。研究ばかりの日常を離れて、東京を始め地方各地を訪れ、半分旅行感覚でその土地の食べ物や観光地を楽しみました。このような気持ちで臨んだ理由は、嫌々やっていると選考などで態度に出てしまうと思ったからです。面接でも「自分が来たくて来たのだ」という気持ちを打ち出すことで、就職活動自体をポジティブに進めることができました。
また、学生と比べて社会人は自由に使える時間がありません。ですから、学生のみなさんには、遊ぶにせよ自分を磨くにせよ、卒業までの限りある時間をぜひとも有効に使って欲しいと思います。

ページ上部へ戻る