斯大精密(大連)有限公司 天野 克哉

精密加工技術の素晴らしさに感動しました。

掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。

固定概念を取り払い、枠にとらわれない技術者になりたい。

志望動機

私は大学時代に機械システム工学を専攻しており、機械系の製造業を中心に就職活動を進めていた時に当社と出会いました。詳しく調べてみると、当社の製品が時計部品に使われていることを知り、大学のゼミで機械式時計を分解し再組み立てを行うという経験があった私は当社の精密加工技術に興味をもちました。
また、当社製品のユーザーは海外に多く、生産拠点についても海外に多数あるため、仕事で海外に行けるチャンスがあることは、私にとって大きな魅力でした。実際、入社1年目で営業のサポート役として1週間アメリカへ出張できたことはとても良い経験です。

ある日のスケジュール
08:00 メール確認
08:30 社内工程における異常処理の対応
09:00 組立工程内検査表改版評審会
10:00 外注先と異常処理の打合せ
12:00 昼食
13:00 外注先の工場監査
16:00 回覧書類の確認
16:45 治具図面の検図
17:45 退社

仕事内容

現在、私は中国の大連市に赴任し大連工場で製造している工作機械の生産技術に関わる仕事を担当しています。具体的な仕事内容は、生産工程で異常が発生した際にその場を円滑に進めるための暫定的な対策を検討し、現場へ指示を出すことや、今後の異常を防止するための恒久的な対策を立案することなど多岐にわたります。
また、治具設計の検図を行っており、設計者が作成した治具の図面を確認し、製造方法やコストを考慮した設計をするよう指導しています。さらに、社内設備に関連する業務も大事な仕事で、工場内の設備機械が故障した際は、設備メーカーと修理内容や修理期間、費用のほか、修理後の機械精度などについて綿密に擦り合わせを行い、最適な修理を行っていただくよう進めていきます。新たな設備を導入する際も同様です。常に現場や事務作業で改善すべき点を自発的に探しながら、環境面や品質のほか生産効率がより向上するよう日々検討し、指導をしています。

今後の目標

私は生産技術のテーマである「製品組立のリードタイムをいかに短縮し、お客様により早く製品を納めるにはどのようにすれば良いか」を追求し続け、より合理的な作業工程を提案できる、枠にとらわれない技術者になりたいと考えています。今までの経験を通し、時には固定概念を取り払い、限りある時間のなかで試行錯誤を繰り返すことで良い結果につながると考えています。
直近の目標としては、これまで大連工場で行われていない革新的なことを大連スタッフと協力しながら構築していき、さらなる生産能力の向上を目指したいと思います。

学生のみなさんへメッセージ

会社説明会で社員との懇談というものが設けられている会社もあると思いますので、自分が興味のある部署の方に仕事内容を聞くことが大事だと思います。私も学生時代は仕事内容の詳細はよくわかりませんでしたが、実際に働いている方の話を聞くことで理解が深まることがあるため大事な機会だと思います。
また、社会人になると運動不足になりがちですが、会社の部活動が体を動かす良い機会となるため、決め手の1つになるかもしれません。様々な情報を元に、自分に合う会社を見つけ出してください。

ページ上部へ戻る