スターマイクロニクスヨーロッパ・INC 鈴木 智之

若いうちから貴重な経験を積むことができる仕組みと文化があります。

掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。

「鈴木なら任せられる」と言われるような信頼される人間になりたい。

志望動機

私は元々海外指向が強かったため、世界に誇る技術や製品をもつ企業を志望しており、企業研究をしていくなかで当社と出会いました。その後、会社説明会に参加し、先輩社員から仕事内容など様々な情報を得たなかで、若手社員にも積極的に仕事を任せてくれる社風があり、若いうちから海外出張あるいは海外赴任などの貴重な経験ができるという話に魅力を感じました。
また、いくら仕事で若いうちからキャリアアップができるとはいえ、プライベートも疎かにはしたくないという思いがありましたが、当社の休日数は他社と比較しても多く、公私共に充実した生活を送れると感じました。こうした私の希望を叶えてくれる企業は他にはないという思いが強まり、入社を決意しました。

ある日のスケジュール
06:30 起床
07:30 通勤
08:30 出社・メール確認
09:00 本社との電話会議
10:00 北欧客先対応
(電話応対やメール対応など)
13:00 現地スタッフと昼食
14:00 北欧客先対応・販売代理店の販売状況分析資料の作成
19:00 退社
20:00 夕食
00:00 就寝

仕事内容

私の所属する特機事業部では、主にレシートなどの発券に使われるリテール(小売)業界向け小型サーマルプリンターやモバイルプリンターなどを製造・販売しています。そのなかで、私はイギリスにあるスターマイクロニクスヨーロッパにて主に北欧地域の営業担当をしています。
具体的な仕事内容は各地域で展開している販売代理店と協力し、製品の知名度を上げる広報活動や、製品を扱いやすい環境を構築するための販促活動を行っており、いわば販売代理店のマネージメント業務を行っています。
また、製品企画や案件対応などで日本の営業部門と海外販社が協力して対応していくこともよくありますが、言葉や時差などの壁から誤った理解や組織としての方向性のずれが発生しないよう、両者の間に立ち潤滑油的な役割を担っています。

今後の目標

若手社員にも積極的に仕事を任せてくれる社風や自身の所属するチームの支えにより、私が入社当時より抱いていた海外赴任の夢を果たすことができました。ただし、海外で働くことがゴールではなく、当面は出来る限り現地の市場状況やニーズなどの情報収集を行い、本社(日本)へ積極的に発信し、当社の製品や仕組みに反映させていきたいと考えています。
また、私の赴任期間は3年間と限りがありますので、今まで日本で得られなかった情報を得て、様々な経験を通して「鈴木なら任せられる」という大きな信頼を得られるように、そして会社にとって必要不可欠な人材になれるように頑張りたいと思います。

学生のみなさんへメッセージ

昨今、日本特有の終身雇用の体制も変化してきており、新卒での企業選びが一生を左右するようなことはなくなりつつありますが、それでもなお、皆さんの新卒での企業選択が人生に多かれ少なかれ影響を及ぼすことと思います。
私は公私ともに充実した生活が送れるよう、仕事内容に留まらず社風と福利厚生にも重点をおきました。自分が将来的にどのようになりたいか、その目標が志望する企業の社風と合っているか、またプライベートの時間が確保できるような体制があるかどうかは私にとってとても重要であり、両者を兼ねていたのが当社でした。今後、就職活動が面倒に感じることもあるかと思いますが、その先の数年、十数年、もしくは数十年を有意義に過ごすためにも妥協はせず、自分の希望や将来像に合う企業選びをお勧めします。

ページ上部へ戻る