機械事業部 製造部 中野 健太

社員一丸となって目標に向かう姿勢

掲載の仕事内容、所属は取材当時のものです。

自分の仕事に線引きをせず、積極的な行動・柔軟な対応を目指します。

志望動機

私は工業高等専門学校から大学へ編入し大学時代には機械工学を専攻していたため、旋盤やフライス盤など切削加工機に触れる機会が多く、モノを作る機械に興味がありました。当社のことは学内説明会で知り、小型精密加工や精密部品など得意分野を生かしたグローバルニッチ戦略に魅力を感じました。ニッチな市場で高い世界シェアを獲得しているこの会社だからこそ、他社では経験できない仕事があるのではないかと思い、とても魅力的に感じました。入社してからも、先輩社員の方々と接しやすい職場の雰囲気や若手社員にも活躍の場が与えられ積極的に仕事に励むことができる環境に大変満足しています。

ある日のスケジュール
08:40 新機種・オプション組立構成・工数の作成
10:40 治具の構想検討、治具設計
12:15 昼休み
13:00 異常処理会議
14:30 異常処理対応
15:30 治具設計
17:30 設計変更対応処理
19:30 退社

仕事内容

私は工作機械の組立に関する業務を担当し、主に組立作業の様々な工程で使用される治具の設計を行っています。製品の組立や組付補助に治具を使用することで、生産体制の合理化を図ります。単に設計して終わりではなく、実際に治具を使用する現場作業者の意見を取り入れながら試行錯誤を繰り返すことで、より良い治具へと改善していきます。製品の重量や重心、製品と治具の干渉など、課題が多く考え込むこともありますが、作業者に「使いやすい」など感謝の言葉をもらった時にはとてもやりがいを感じます。
また、組立工数の見積りも業務の一つであり、製品の組立図を見ながら、部品の集まりから製品として組み上がるまでに掛かる工数を算出しています。組立の順序によって部品が必要となる時期も異なるため、加工や組立、発注など、各部門の担当者と関わる責任ある仕事です。仕事内容は多岐にわたりますが、技術者として成長できる価値のある仕事だと誇りに感じています。

今後の目標

当社では開発設計から製造組立まで一貫して行っているため、社員一人一人が作業の効率を考え、分担して合理的に動くことが大切だと思います。そのため、私は状況に応じた的確な指示や行動ができる技術者になりたいと考えています。現場作業者が円滑に行動できるよう組立工程の構築や日程管理を行うことを心掛け、より良い組立環境を構築していきたいと思います。

学生のみなさんへメッセージ

自分がどのような人間なのか正確に自己分析することが大切だと思います。親しい人から長所や短所を聴くのも大変参考になります。また、面接では原稿の丸暗記ではなく、自身の言葉で伝えるように心掛けると自然と自分に合った企業に出会えると思います。
どんな仕事をしたいか悩んでいる方は、会社説明会や工場見学など積極的に参加してみましょう。職種だけでなく職場の雰囲気を感じとり、社員の方々から話を聴くことで自分に合った企業が見えてくると思います。悩むより行動あるのみだと思います!

ページ上部へ戻る