• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • ニュース
  • スイス型自動旋盤「SB-16R/20R typeG」を発売

スイス型自動旋盤「SB-16R/20R typeG」を発売

2014年4月14日

~SBシリーズにガイドブッシュ/ノンガイドブッシュ切り換え機構を搭載~



写真:SB-16R/20R typeG

当社は、スイス型自動旋盤(注1)SBシリーズの新製品として、最大加工径ø16mmとø20mmの「SB-16R/20R type G」を開発し、主に自動車・情報通信機器・医療分野での部品加工をターゲットとして、2014年6月より販売を開始します。


SBシリーズは、2003年に初期モデル「SB-16」を発売して以来、累計販売台数6,000台を超える当社のベストセラーモデルです。

7軸制御の「SB-16R/20R type G」は、SBシリーズでは初めて、ガイドブッシュ仕様、ノンガイドブッシュ仕様(注2)の変更が可能な切り換え方式を採用しました。

モーターシャフトなど全長寸法が長い部品の場合には、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュ仕様によって、加工物のたわみを抑制し高精度加工が可能です。一方、ナットなど短い部品の場合には、ノンガイドブッシュ仕様にて廃棄される残材の長さを短くすることで材料コストを削減するなど、加工部品に応じた最適な仕様での加工を可能にしています。


クシ刃型刃物台には、従来のSBシリーズと同様に、当社独自のスラント型すべり案内面構造(注3)を採用し、機械剛性を高めることで、安定した精度での連続加工を可能にしました。

またNC装置には、アラームの内容をNC画面上で確認できるアラームヘルプ機能を始めとした各種ヘルプ機能を搭載。最適なポジションでの作業を可能にする旋回式操作パネルの採用など、オペレーターの操作性、作業性の向上を図りました。


今回販売を開始する「SB-16R/20R type G」の本体標準価格は、既存モデルの「type E」と同額のまま据え置きます。




■「SB-16R/20R type G」の特長

  1. 加工部品の全長寸法に応じて、ガイドブッシュ仕様/ノンガイドブッシュ仕様の切り換えが可能。
  2. クシ刃型刃物台の回転工具は、クロスドリルユニット4軸型・クロスドリルユニット5軸型・カートリッジ式クロスドリルユニット5軸型/5軸高速型の4種類から選択が可能。
  3. カートリッジ式クロスドリルユニット5軸型/5軸高速型を装着した場合、3箇所のカートリッジポジションに多彩な工具ユニットを組み合わせることが可能。
  4. 背面加工専用の4軸型ユニットには、工具回転駆動装置の装着が可能。偏芯穴加工、スリ割り加工など、背面側での複合加工機能を拡充。
  5. メイン主軸にはビルトインモーターを採用。割り出し精度の向上を実現。
  6. メイン主軸、サブ主軸にC軸制御機能を標準装備。


■主な仕様

シリーズ名 SB-16R type G SB-20R type G
最大加工径 ø 16mm ø 20mm
主軸台最大移動量 205mm
メイン主軸最高回転数 10000min-1
メイン主軸モーター 2.2kw / 3.7kw
サブ主軸最高回転数 9000min-1
サブ主軸モーター 0.55kw / 1.1kw
回転工具最高回転数 ER11 10000min-1
ER16 6000min-1
回転工具モーター 1.0kw / 1.2kw
正面最大穴明け能力 固定工具 ø 12mm
回転工具 ER11 ø 6mm
ER16 ø 7mm
正面最大タップ能力 固定工具 M10 × P1.5
回転工具 ER11 M5 × P0.8
ER16 M6 × P1.0
背面最大穴明け能力 ø 8mm
背面最大タップ能力 M6 × P1.0
機械寸法(幅 × 奥行 × 高さ) 2070 × 1177 × 1760mm
機械重量 約 1700kg

(注1)スイス型自動旋盤とは

スイス型自動旋盤は、時計部品を加工する機械として、1870年代にスイスにおいて考案されました。別名“主軸移動型自動旋盤”とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴とされています。

一般的には、細長い部品を汎用旋盤で加工を行うと、加工物がたわみを起こして正しい寸法に仕上げることができません。

スイス型自動旋盤では、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュを用い、刃物はガイドブッシュから一定距離の位置で、外径方向の切り込み運動のみを与えるため、加工物はたわみを起こさずに、高精度に切削することができます。また、軸方向の運動は刃物台が移動するかわりに、主軸台が素材を把持した状態で移動する機械構成となります。


(注2)ノンガイドブッシュ仕様とは

スイス型自動旋盤を基に、ガイドブッシュを取り外した主軸移動型自動旋盤です。ガイドブッシュが無いため、細長い部品加工には不向きですが、ガイドブッシュが無くても加工物がたわまない短い部品であれば、材料を有効に使用することができます。

スイス型自動旋盤では、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュ構造部の寸法分だけは、棒材の後端部分を加工することができずに残材として廃棄することになります。

ノンガイドブッシュタイプでは、廃棄される残材の長さをガイドブッシュタイプの1/3程度に削減することができます。


(注3)スラント型すべり案内面構造とは

機械本体側ベースと刃物台を傾斜(スラント)させ、お互いの摺動部をアリ溝と呼ばれる台形状に加工して摺り合わせる摺動面構造です。この構造にすることでお互いの摺動部が面で接触し、機械剛性が向上します。また、ボールネジ中心と切削点が近接する構造となり、切削抵抗によるねじれ方向への荷重(モーメント荷重)を減少させることができます。





<問合せ先>
機械事業部 営業部長  増田 文雄(ますだ ふみお)
Tel.0537-36-5586

ページの先頭に戻る