• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

スイス型自動旋盤「SX-38」を発売

2019年9月5日

~クシ刃型+タレット型刃物台の大径高機能モデルをラインアップ~



当社は、スイス型自動旋盤(注1)の新製品として、最大加工径φ38mmの「SX-38」を開発。既存の大径高機能モデルSV-38Rの後継モデルとして、医療、自動車、航空機関連を主要ターゲットとして、2020年4月から全世界に向けて販売を開始します。

「SX-38」は、正面加工用として手前側に工具取付面10面のタレット型刃物台、奥側には工具旋回制御軸(B軸)付きの4軸対向型ミリングユニットを標準装備したクシ刃型刃物台を搭載。正面加工では、タレット型刃物台とクシ刃型刃物台の同時加工により正面加工時間の短縮が可能です。また、背面加工には背面専用のY軸制御付き8軸型ユニットを搭載。正面加工と背面加工の最適な工程分割により、正面/背面の同時加工による加工時間の短縮を図ることができます。

タレット型刃物台の仕様別に、クランプ機構により工具ユニットの着脱が容易なクイックチェンジ方式の「type A」、当社独自のワンポジション工具駆動方式を採用した「type B」の2タイプを用意しています。「type A」では既存の回転工具ユニットが使用可能です。「type B」ではワンポジション工具駆動により過度な振動や発熱を抑制することで、より安定した精度で連続運転することを可能にしています。

また、多様化が進む部品加工ニーズに柔軟に対応するため、ガイドブッシュ切換え機構を採用。材料の振れ止め装置の働きをして、モーターシャフトなどの全長寸法が長い部品を高精度で加工できるガイドブッシュ仕様と、廃棄される残材を短縮して、ナットなどの短い部品を無駄なく加工できるノンガイドブッシュ仕様(注2)に1台で自由に変更することが可能です。ノンガイドブッシュ仕様の際には、加工時に発生する切削負荷を、加工点に近いすべり案内面で支持することで主軸台剛性を確保する主軸筒すべり案内面構造(注3)を採用するなど、機械全体の剛性向上に配慮しています。

さらに、各刃物台を斜めに傾けた構成で配置することで機械前面から各部への距離を短縮しています。また、最適なポジションでの機械操作を可能にする旋回式パネルの採用、アラームの内容をNC画面上で確認できるアラームヘルプ機能を始めとした各種ヘルプ機能を付加するなど、機械、ソフトの両面からオペレーターの操作性、作業性の向上を図っています。



■「SX-38」の特長

【高剛性・高精度】

  • クシ刃型刃物台に装備したB軸旋回式4軸対向型ミリングユニットは、上下両端支持構造を採用。さらにクランプ機構を付加し、ユニットの保持剛性を確保。
  • 背面加工用の8軸型ユニットのY軸摺動部にアリ溝構造を採用し、刃物台剛性を確保。
  • メイン主軸のチャック開閉機構に油圧回転シリンダーを採用。安定した材料把持力を確保。
  • 機体各部から取得した温度データに基づく、高精度かつ柔軟な熱変位補正機能を搭載。

【高機能】

  • B軸旋回式4軸対向型ミリングユニットは、-45°から90°の範囲で角度制御が可能。正面側/背面側での斜め加工、同時5軸加工を実現。
  • サブ主軸には、メイン主軸と同出力のスピンドルモーターを搭載。背面側の加工能力を強化。

【操作性・作業性】

  • 刃物台構成の配置、切削室開口部の高さ、ガイドブッシュ切換え時の構造等、あらゆる部分の操作性、作業性に配慮した設計を行うことで、段取り替えやメンテナンス時の作業の容易化を実現。
■主な仕様
①最大加工径 φ38mm
②主軸台最大移動量 ガイドブッシュ仕様   320mm
ノンガイドブッシュ仕様  95mm
③メイン主軸最高回転数 7000 min-1
④メイン主軸モーター 7.5kW(連続)/11kW(10分/25%ED)
⑤サブ主軸最高回転数 7000 min-1
⑥サブ主軸モーター 7.5kW(連続)/11kW(10分/25%ED)
⑦クシ刃型刃物台仕様
バイト 4本
回転工具 正面側 ER20×4本
背面側 ER16×4本
回転工具最高回転数 6000 min-1
回転工具モーター 2.2kW(連続)/3.0kW(5分/30%ED)
⑧タレット型刃物台仕様
工具装着ポジション 10面
バイト Max.2本/面(□16mm)
スリーブ Max.3本/面
回転工具 Max.2本/面
回転工具最高回転数 5700 min-1
回転工具モーター 2.7kW(連続)/4.0kW(5分/30%ED)
⑨バック8軸型ユニット仕様
工具本数 固定工具 Max.8本
回転工具 Max.8本
回転工具最高回転数 5000 min-1
回転工具モーター 1.2kW(連続)/2.2kW(5分/30%ED)
⑩正面加工能力
固定工具 最大穴明能力     φ23mm
最大切削タップ能力  M16×P2.0
回転工具 最大穴明能力     φ10mm
最大切削タップ能力  M8×P1.25
⑪背面加工能力
固定工具 最大穴明能力     φ23mm
最大切削タップ能力  M16×P2.0
回転工具 最大穴明能力     φ10mm
最大切削タップ能力  M8×P1.25
⑫機械寸法(幅×奥行×高さ) 2955×1430×1975mm

(注1)スイス型自動旋盤とは

スイス型自動旋盤は、時計部品を加工する機械として、1870年代にスイスにおいて考案されました。別名“主軸移動型自動旋盤”とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴とされています。

一般的には、細長い部品を汎用旋盤で加工を行うと、加工物がたわみを起こして正しい寸法に仕上げることができません。

スイス型自動旋盤では、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュを用い、刃物はガイドブッシュから一定距離の位置で、外径方向の切り込み運動のみを与えるため、加工物はたわみを起こさずに、高精度に切削することができます。また、軸方向の運動は刃物台が移動するかわりに、主軸台が材料をくわえた状態で移動する機械構成となります。

(注2)ノンガイドブッシュ仕様とは

スイス型自動旋盤を基に、ガイドブッシュを取り外した主軸移動型自動旋盤です。ガイドブッシュが無いため、細長い部品加工には不向きですが、ガイドブッシュが無くても加工物がたわまない短い部品であれば、材料を有効に使用することができます。

スイス型自動旋盤では、材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュ構造部の寸法分だけは、棒材の後端部分を加工することができずに残材として廃棄することになります。

ノンガイドブッシュタイプでは、廃棄される残材の長さを、ガイドブッシュタイプの3分の1程度に削減することができます。

(注3)主軸筒すべり案内面構造とは

素材を把持した状態で移動する主軸台の主軸筒部分の外径寸法に合わせて加工した摺動面構造です。主軸筒と案内面の隙間をなくした構造にすることで、切削時に主軸台にかかる加工負荷をすべり案内面で支持し、主軸台の剛性を向上させることができます。




<問い合わせ先>

 機械事業部 執行役員副事業部長 兼 営業部長 増田 文雄 (ますだ ふみお)

 Tel. 0537-36-5586

ページの先頭に戻る