• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • ニュース
  • プリンターを介してiPadを有線でインターネットに接続する ソリューション「SteadyLAN™」の提供を開始

プリンターを介してiPadを有線でインターネットに接続する ソリューション「SteadyLAN™」の提供を開始

2019年11月27日

~ シンプルなケーブル接続で店舗の安定運営を支援する業界初(注1)のソリューション ~



スター精密株式会社(本社:静岡県静岡市駿河区、代表取締役社長:佐藤 衛、以下「当社」)は、タブレットPOS、モバイルオーダーなどに使用されるiPadのインターネットへの有線接続を可能にし、店舗の安定運営を支援するソリューション「SteadyLAN™(ステディラン)」(以下「本ソリューション」)の提供を開始します。

本ソリューションは、以下3点を目的とした業界初のソリューションです(特許出願中)。

1. 安定稼働
店舗内のiPad(注2)使用時における無線通信トラブルの解消
2. 簡易設置・利便性向上
インターネットへの接続、プリンターとの通信、iPadの充電という3つの機能を、単一ケーブルにて実現
3. デザイン性の向上
iPadとプリンターのケーブル接続を単一化することで、POS/キッチン周りの配線を簡素化

当社の「SteadyLAN」対応プリンター(後述)を有線LANでインターネットに接続し、当該プリンターとiPadをLightning - USBケーブルで接続することで、iPadはWi-Fi通信不要でインターネットの利用が可能になります。また、同時にiPadはプリンターとのUSB通信またはLAN通信、プリンターからの充電も可能になります。

【図】 SteadyLANの概略イメージ
【図】 SteadyLANの概略イメージ

近年、POSアプリやモバイルオーダーアプリなどiPadを店舗内で利用するシーンはますます増えています。また、これらアプリを利用する際、iPadをインターネットに接続する必要があり、その通信には主にWi-Fiが利用されています。しかしながら、Wi‐Fi通信は、環境によっては利用が困難な場合や、電波干渉などで通信が不安定になる場合があります。本ソリューションは、Wi-Fi通信に課題を抱える店舗に、iPadの有線接続手段を提供することで、POSアプリやモバイルオーダーアプリの安定稼働を実現します。

特に、昨今広がりをみせるモバイルオーダーでは、飲食店はインターネット経由で届く注文をリアルタイムで管理する必要があるため、iPadの通信安定性は一段と重要になっています。当社「SteadyLAN」対応プリンターは、iPadの通信安定性の提供に加え、注文印刷で飲食店業務の円滑化を支援するため、モバイルオーダーに最適な製品です。

本ソリューションの対象製品は、mC-Print ®シリーズのMCP21LB、MCP31L、MCP31LB(注3)です。対象製品のファームウェアをバージョン2.3以降にアップデートすることでご利用いただけます。

【提供開始予定時期】
◎2019年11月29日(金)
   当社専用アプリ(mC-Print Utility)にて
   最新ファームウェアを無償提供します。

  • App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
  • Google PlayはGoogle LLCの商標です。

今後も「SteadyLAN」に対応した製品を拡充するほか、様々な店舗ソリューションの提供を通じて、店舗の運営を支援してまいります。

(注1) 当社調べ。
(注2) iPad以外にもiPhoneやiPod touchなどその他iOS端末でも利用可能です。

  • iPad、iPhone、iPod touch は米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
  • iOS は米国および他の国々で登録された Cisco の商標で、ライセンスに基づいて使用されています。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

(注3) プリンターのファームウェアをバージョン2.3以降にアップデートする必要があります。
          また本ソリューションに対応していないプリンター機種もあるため型番にご注意ください。




<本件に関するお問い合わせ先>

特機事業部 事業企画部 戦略企画室長 鈴木弘樹

Tel.054-263-7111  Fax.054-263-7114

メールによるお問い合わせ: psales@star-m.jp

ページの先頭に戻る