• ホーム
  • 製品情報
  • ダウンロード
  • 技術仕様書
  • 会社情報
  • 投資家情報
  • お問い合わせ

スター精密の歩み

スター精密の歩みについてご紹介いたします。

スター精密とは―3つの創業スピリット―

1950年スター精密は次の3つのスピリットに基づいて精密部品加工の事業をスタートしました。

最小の材料で最大の効果をあげる事業
資源に乏しい日本。資源力にたよらない戦略を目指し、「最小の材料で最大の効果をあげる事業」を目指しました。
輸送コストのかからない事業
メーカーとして静岡の地方都市から国内大都市に向けてビジネス展開を目指すにあたり多くの輸送コストをかけずにすむ事業に着目しました。
人を大勢使わない事業
戦後の混乱の時期にあって多くの人を抱え、労働力にたよる事業ではリスクが大きい。できるだけ人を大勢使わない事業である必要がありました。

事業をはじめて半世紀以上を過ぎた今、創業当時とは社会環境は大きく変化しています。
また、ビジネスの世界においてもグローバル化により国際的な競争が必要となり、高い価値を持つ製品の提供が求められています。
そのように環境が変化したなかでも色褪せることのない3つのスピリットに基づき創業した当社は現在、小型精密加工・組立をコアとする技術集団として常に高付加価値製品を生み出し、世界を相手にビジネスを展開する企業へと発展を遂げています。

テクノロジー ―小型・精密加工技術とエレクトロニクス技術でニーズに応える―

SINCE1950 「精密部品事業」

3つの創業のスピリットに基づき事業をスタート。
腕時計部品の量産を通じて精密部品加工の専門メーカーの地位を確立。
現在では、腕時計部品のほかに医療用部品、自動車用部品など先端の精密部品加工分野へと進出しています。

スター精密の歩み写真01

SINCE1958 「工作機械事業」

精密部品加工用に自社で製造、使用していた部品用加工機で工作機械市場へ進出。
自らがユーザーであることによるユーザーの視点を活かしたマシンを生み出し続けています。独自の最適制御技術であるモーションコントロール技術を開発するなど常に先端技術に挑戦。高精度の精密部品加工に適したスイス型自動旋盤において高い市場シェアを誇ります。

スター精密の歩み写真02

SINCE1970 「特機事業」

従来からの精密加工技術と先端のエレクトロニクス技術の融合により新しい事業分野を展開。
電卓に搭載するポータブルプリンター開発に始まる特機事業は現在、POSシステムに利用されるプリンターを主力製品としています。

スター精密の歩み写真03

事業展開 ―グローバルビジネスの進展―

スター精密は、1962年イギリス向けに初めて工作機械を輸出して以来、常に「世界」を視野に入れて事業を展開しています。

海外販売拠点

1977年に初の海外販売会社をアメリカに設立。以降成長地域に積極的な進出を図り、現在では海外販売網はアメリカをはじめ、ヨーロッパからアジアに広がっています。

海外生産拠点

1970年代後半に韓国での海外生産を実施。1989年には中国・大連市に現地法人の生産子会社斯大精密(大連)有限公司を設立。いち早く中国での生産に乗り出し、現在では当社グループの重要な生産拠点へと発展しています。また、精密部品や工作機械の生産子会社を上海やタイに設立するなどグローバルな最適生産体制を構築しています。

スター精密の今

当社グループは、常に成長する分野に身を置き、成長する地域に事業展開するグローバルグループ経営を目指しています。グローバルな視点での企画・開発・生産・販売の最適化、環境管理活動の推進を重点施策として、社会的責任を果たすとともに、企業価値の増大に努めています。

グローバル企業として

スター精密の歩み写真04

事業構成

事業別売上高構成比
特機 22.7%
工作機械 68.7%
精密部品 8.6%
スター精密の歩み写真05

環境管理活動とCSR

国内の事業所をはじめ、海外の生産子会社において環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を取得した他、廃棄物ゼロを目指す「ゼロエミッション」活動を行うなど環境管理活動を推進しています。
また、コンプライアンスの徹底などCSR(企業の社会的責任)活動にも積極的に取り組んでいます。

スター精密の歩み写真06

ページの先頭に戻る