Star webPRNTを利用する

Star webPRNTを利用することで、PC、タブレット等多様なデバイスからWebブラウザを通して印刷を行う、マルチプラットフォームを実現できます。

Star webPRNTについて詳しくは、Star webPRNT ユーザーズマニュアルをご参照ください。

Star webPRNT ユーザーズマニュアル


mC-Print2はStar webPRNT機能に対応しており、ご購入いただいた状態でご利用いただけます。

ただし、SSL/TLSによるHTTPS暗号化通信を行う場合は、プリンターおよびクライアント側のブラウザーに証明書を利用するための設定が必要です。

※お使いのアプリによってSSL設定の必要性は異なります。ご不明の場合はアプリベンダー様へお問い合わせください。

SSL/TLS設定 Self-Signed Certificate

設定はプリンターの設定画面(Web Configuration)から行います。

1. プリンターの設定画面を開く

2. 自己署名証明書を作成する

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[SSL/TLS]を開き、 [Create Self-Signed Certificate] をタップします。

  • 下表の内容を参考に証明書の内容を入力して、[Create]をタップします。
最大文字数
Country Name2JP
State or Province Name128Shizuoka city
Localy Name128Suruga-ku, Nakayoshida
Organization Name128Star Micronics Co., Ltd.
Organization Unit Name128Software Section
Domain(プリンターのIPアドレス)128172.16.212.104
Expiration Date(有効期限)2015/01/01 ~ 2049/12/312020/06/06


  • 証明書の作成に成功すると、成功を示し保存を促す画面が表示されます。
    ここでは、このまま次の手順に移ります。

3. プリンターの自己署名証明書設定を有効にする

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[SSL/TLS]を開き、 [SSL/TLS Setting] をタップします。
  • Certificateを”Self_Signed”に設定して、 [submit] をタップします。
  • 保存を促す画面が表示されます。

4. 設定をプリンターに保存する

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[Save]を開き、 SaveConfiguration printingRestart device を選択して[Excute] をタップします。
  • 設定した内容がプリンターに保存され、設定内容が印刷されます。
    印刷内容の**Network Configuration** ⟨⟨SSL/TLS⟩⟩の項目が、以下の設定になっていれば、プリンターの設定は完了です。
    Certificate:Self-Signed
    Self-signed Certificate:Exist

5. ブラウザーへ証明書をインポートする

SSL/TLS設定 CA-Signed Certificate

外部で作成し、CA(認証局)が署名したサーバー証明書と秘密鍵(Private Key)をプリンターにアップロードします。 ブラウザーには、同CA(認証局)が信頼されたルート証明機関として登録される必要があります。 必要に応じて設定を行ってください。

プリンターの設定はプリンターの設定画面(Web Configuration)から行います。

1. サーバー証明書と秘密鍵を準備する

  • 外部のCA(認証局)において署名されたサーバー証明書ファイルと秘密鍵(Private Key)ファイルを用意します。
    各ファイルは下記の要件を満たすことが必要です。
    エンコードタイプBase64(ファイル拡張子:PEM)
    証明書ファイルの種類PKCS #1
    鍵長ファームウェアVer. 1.5以下:RSA 1024bit
    ファームウェアVer. 1.6以降:RSA 2048bit または 1024bit

  • ファームウェアバーションは、プリンターのテスト印字で印刷されるプリンター情報(1枚目)のタイトル部分に記載されています。テスト印字
  • ファームウェアの更新は専用のアプリ(mC-Print Utility /Printer Software for mCollection)を利用して行えます。アプリをつかう

2. プリンターの設定画面を開く

3. サーバー証明書と秘密鍵をプリンターにアップロードする

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[SSL/TLS]を開き、 [Import CA-Signed Certificate] をタップします。
  • 「Import CA-Signed Certificate」欄の[Browse..]をタップして、手順1で準備した証明書ファイルを選択後、[upload]をタップします。
  • 証明書のアップロードに成功すると、成功を示し保存を促す下記画面が表示されます。
    "Previous page ⟨SSL/TLS⟩"をタップします。
  • 「Import CA-Signed Private Key」欄の[Browse..]をタップして、手順1で準備した秘密鍵ファイルを選択後、[upload]をタップします。
    CA-Signed Certificate欄が”No file selected.”と表示されますが問題はありません。
  • 秘密鍵のアップロードに成功すると、成功を示し保存を促す下記画面が表示されます。

4. プリンターのCA署名証明書設定を有効にする

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[SSL/TLS]を開き、 [SSL/TLS Setting] をタップします。
  • Certificateを”CA-Signed”に設定して、 [submit] をタップします。
  • 保存を促す画面が表示されます。

5. 設定をプリンターに保存する

  • メニュー、または左上に表示されるメニューボタンより[Save]を開き、 SaveConfiguration printingRestart device を選択して[Excute] をタップします。
  • 設定した内容がプリンターに保存され、設定内容が印刷されます。
    印刷内容の**Network Configuration** ⟨⟨SSL/TLS⟩⟩の項目が、以下の設定になっていれば、プリンターの設定は完了です。
    Certificate:CA-Signed
    CA-Signed Certificate:Exist

6. ブラウザーへ証明書をインポートする