Star SteadyLANを利用する


プリンターのファームウェアバージョン2.3以降から、SteadyLAN機能が追加されました。
MCP31LB, MCP31LではiOS環境のみ対応しています。 専用のアプリ(mC-Print Utility/Printer Software for mCollection)からSteadyLANを有効にしてご利用ください。

SteadyLAN for iOS について

ネットワークに接続されたmC-Print3にiPhoneやiPadなどのiOSデバイスをLightningケーブルで接続することで、 iOSデバイスはWi-Fi通信不要でインターネットの利用が可能になります。
また、同時にプリンターとのUSB通信またはLAN通信、プリンターからの充電を行います。

これにより配線が簡素化されるほか、ソリューションのすべてが有線化できるため、安定したネットワーク接続が可能となります。
<MCP31LB, MCP31L>モデルを確認する


本機能は iOS10.1.1以降で動作確認済みです。

1台のプリンターに対して同時に複数の接続(通信)を行う場合、いくつかの制限事項があります。 お使いの環境に合わせて、必要に応じた接続を行ってください。
マルチインターフェイスご利用時の注意


背面パネルにケーブルを接続する作業の前後には、リヤカバーの取り外し/取り付けを行ってください。
リヤカバーを外す/つける

ご注意

    SteadyLAN機能が”ON”に設定されている場合、ネットワークに有線接続されたmC-Print3のUSB-A(2.4A)にiOSデバイスを接続すると、iOSデバイスのネットワーク通信は無線LANよりも優先してUSB-A(2.4A)を介した有線LAN接続に切り替わります。
    SteadyLAN機能によるUSB-A(2.4A)を介した有線LAN接続は、通信が安定する一方通信速度が1Mbps程度となり無線LANよりも劣る場合があります。

メモ

本機能をmC-Print3でご利用いただくには、mC-Print3のファームウェアが Ver2.3以降であることが必要です。お使いのmC-Print3のファームウェアバージョンをご確認ください。

ファームウェアバーションは、プリンターのテスト印字で印刷されるプリンター情報(1枚目)のタイトル部分に記載されています。 また、ファームウェアの更新はmC-Print Utilityの[プリンターの設定変更を行う]-[ファームウェア更新]から行えます。
テスト印字をする アプリをつかう

1. プリンターにLightningケーブルを接続する

  • 市販またはスマートフォン/タブレットに付属のLightningケーブルをプリンターのUSBポート(2.4A)に接続します。
          詳しくはUSBケーブルを接続するをご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

2. プリンターをネットワークに接続する

  • LANケーブルをプリンターのLANコネクターに接続し、もう一方のプラグをハブやルーターなどのネットワーク機器に接続します。
詳しくはLANケーブルを接続するをご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

3. プリンターにACアダプターを接続する

  • 電源ケーブルをACアダプターに接続して ACアダプターのプラグをプリンターに接続し、電源ケーブルのプラグをコンセントに差し込みます
詳しくはACアダプターを接続するをご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

4. プリンターの電源を入れる

  • 本体前面にある操作パネル右側の電源ボタンを押し、Power LEDが点灯したら放します。

5. SteadyLANを有効にする

  • mC-Print Utility for iOSを利用して、プリンターのネットワークとSteadyLANの設定をします。 mC-Print Utilityのダウンロード、インストールを行ってください。
    SteadyLAN for iOS対応バージョン:mC-Print Utility Ver. 1.4.0以降
    アプリをつかう
  • mC-Print Utilityを起動して、接続先プリンターを選択します。

  • 接続先プリンターが表示されます。
    [プリンターの設定変更を行う]-[LAN設定]を開きます。

  • 詳細設定を表示して、ネットワーク(プリンターの固定IPアドレス)と、 SteadyLANを”ON”の設定をして、[適用する]をタップします。

メモ

mC-Print3のファームウェアがSteadyLANに対応していない場合、「SteadyLAN」の項目は表示されません。

SteadyLANをmC-Print3でご利用いただくには、mC-Print3のファームウェアが Ver2.3以降であることが必要です。お使いのmC-Print3のファームウェアバージョンをご確認ください。

ファームウェアバーションは、プリンターのテスト印字で印刷されるプリンター情報(1枚目)のタイトル部分に記載されています。 また、ファームウェアの更新は mC-Print Utility の [プリンターの設定変更を行う]-[ファームウェア更新] から行えます。
テスト印字をする アプリをつかう

6. プリンターにiOSデバイスを接続する

  • 手順2.でプリンターに接続したLightningケーブルのもう一方のプラグを、iOSデバイスに接続します。
  • プリンターにiOSデバイスを接続すると、iOSデバイスの設定項目に”Ethernet”が表示されます。

メモ

DHCPサーバーが配置されていない環境でお使いの場合は、iOSデバイスの [設定]ー[Ethernet] からネットワークの設定を行ってください。

7. iOSデバイスのWi-FiをOFFに設定する

  • iOSデバイスの [設定]-[Wi-Fi] から Wi-Fi を"OFF"に設定します。

メモ

Wi-Fiと有線LAN(Ethernet)では使用するIPアドレス・MACアドレスが異なります。 必要に応じて有線LANのネットワーク設定を行ってください。

SteadyLAN機能はMCP31CB, MCP31CではAndroid/Windows環境のみ対応しています。
専用のアプリ(mC-Print Utility/Printer Software for mCollection)からSteadyLANを有効にしてご利用ください。

SteadyLAN for Android/Windows について

ネットワークに接続されたmC-Print3にタブレットやスマートフォンなどUSB PD(USBパワーデリバリ―*1)対応のホストデバイスをUSB-Cケーブルで接続することで、 ホストデバイスはWi-Fi通信不要でインターネットの利用が可能になります。
また、同時にプリンターとのUSB通信またはLAN通信、プリンターからの充電を行います。

これにより配線が簡素化されるほか、ソリューションのすべてが有線化できるため、安定したネットワーク接続が可能となります。
<MCP31CB, MCP31C>モデルを確認する

*1 USB PD(USBパワーデリバリー)とは
USB PD(USBパワーデリバリー)はUSBを使った電力供給に関する規格です。お使いのデバイスがUSB PDに対応するかは、Androidデバイスから専用のアプリを利用して確認できます。 詳しくはアプリをつかうをご参照ください。


本機能は Andoroid 5.0以降、Windows10以降で動作確認済みです。

USB PD非対応のホストデバイスをお使いの場合でも、通信可能なUSB接続形態でご利用いただく場合はUSBケーブルを介したネットワーク接続が可能となります。(給電は行いません。)


背面パネルにケーブルを接続する作業の前後には、リヤカバーの取り外し/取り付けを行ってください。
リヤカバーを外す/つける

ご注意

    多くのAndroidデバイスでは、SteadyLAN機能が”有効”に設定されている場合、ネットワークに有線接続されたmC-Print3のUSB-Cにホストデバイスを接続すると、ホストデバイスのネットワーク通信は無線LANよりも優先してUSB-Cを介した有線LAN接続に切り替わります。
    SteadyLAN機能によるUSB-Cを介した有線LAN接続は、通信が安定する一方通信速度が1Mbps程度となり無線LANよりも劣る場合があります。

1. プリンターにUSBケーブルを接続する

  • プリンターに付属のUSBケーブル(C-C)をプリンターのUSB-Cポートに接続します。
          詳しくはUSBケーブルを接続するをご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

2. プリンターをネットワークに接続する

  • LANケーブルをプリンターのLANコネクターに接続し、もう一方のプラグをハブやルーターなどのネットワーク機器に接続します。
詳しくはLANケーブルを接続するタブレット/PCと接続する(LAN)をご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

3. プリンターにACアダプターを接続する

  • 電源ケーブルをACアダプターに接続して ACアダプターのプラグをプリンターに接続し、電源ケーブルのプラグをコンセントに差し込みます
詳しくはACアダプターを接続するをご参照いただき、手順、注意事項等に従ってください。

4. プリンターの電源を入れる

  • 本体前面にある操作パネル右側の電源ボタンを押し、Power LEDが点灯したら放します。

5. SteadyLANを有効にする

  • 専用のアプリ(mC-Print Utility/SteadyLAN Setting Utility for mCollection)を利用して、プリンターのネットワークとSteadyLANの設定をします。

Androidをお使いの場合

  • お使いのホストデバイスにmC-Print Utilityをダウンロードして、インストールを行ってください。
    SteadyLAN for Android対応バージョン:mC-Print Utility Ver. 1.5.0以降
    アプリをつかう

  • mC-Print Utilityを起動して、接続先プリンターを選択します。

  • 接続先プリンターが表示されます。
    [プリンターの設定変更を行う]-[LAN設定]を開きます。

  • 詳細設定を表示して、ネットワーク(プリンターの固定IPアドレス)と、 SteadyLANを”有効(Android)”に設定して、 [適用する]をタップします。

  • お使いのホストデバイスにStarPRNT for mCollectionをダウンロードして、インストールを行ってください。
    SteadyLAN for Windows対応バージョン:StarPRNT for mCollection Ver. 2.3.0以降
    アプリをつかう

  • スタートメニューから[StarMicronics]-[SteadyLAN Setting Utility for mCollection]を起動します。

  • 接続先プリンターを選択 して[SteadyLANを設定する] をタップします。

  • ”有効(Windows用)” を選択して[書き込み] をタップします。

  • 「注意」ダイアログが表示されます。内容を確認して問題がなければ[OK]をタップします。

  • 「成功」ダイアログが表示されればSteadyLANの設定は完了です。[OK]をタップしてSteadyLAN Setting Utilityを終了します。

  • プリンターの設定画面(Web Configration)からプリンターの固定IPアドレス設定を行ってください。プリンターの設定画面(Web Configuration)を開く

メモ

USBインターフェイスで利用中にSteadyLAN設定を切り替えると、新たにプリンターキューが作成されプリンターキューが切り替わります。不要な場合には元のプリンターキューは削除してください。

6. プリンターにホストデバイスを接続する

  • 手順2.でプリンターに接続したUSB-Cケーブルのもう一方のプラグを、ホストデバイスに接続します。

参考情報

多くの機種では、ホストデバイスの通信が無線LANから有線LANに切り替わると、Wi-Fiアイコンが イーサネットアイコンに切り替わります。

Android(Google Pixel3)の場合

Windows10(Surface Go)の場合

7. ホストデバイスのWi-FiをOFFに設定する

Androidをお使いの場合

  • [設定]-[ネットワークとインターネット] から Wi-Fi を"OFF"に設定します。

メモ

Wi-Fiと有線LAN(Ethernet)では使用するIPアドレス・MACアドレスが異なります。 必要に応じて有線LANのネットワーク設定を行ってください。

Windowsをお使いの場合

  • [設定]-[ネットワークとインターネット] から Wi-Fi を"OFF"に設定します。

メモ

Wi-Fiと有線LAN(Ethernet)では使用するIPアドレス・MACアドレスが異なります。 必要に応じて有線LANのネットワーク設定を行ってください。