ドライバーをインストールする(Windows、OPOS、Mac/Linux環境のみ)

設定方法はプリンターを利用する環境によって異なります。

Windows・OPOSをお使いの場合

Mac/Linuxをお使いの場合

Windows・OPOSをお使いの場合

Windows PC/タブレットとmC-Print3をUSB接続して使用する場合、接続の前にWindowsドライバーをインストールしてください。

それにより、Windows PC/タブレットにmC-Print3が接続されたときに、プラグアンドプレイによって自動的にプリンターキューが作成され、通信可能な状態となります。

また、OPOSを利用するPOSなどのアプリとmC-Print3を接続して使用する場合は、事前にOPOSドライバーの設定を行ってください。

OPOSドライバーはmCollectionプリンターソフトウェアに含まれます。
mCollectionプリンターソフトウェアインストール後、Printer Utility mCollectionを利用してOPOSの設定を行ってください。

1. mCollectionプリンターソフトウェアをダウンロードする

2. ダウンロードしたソフトウェアを解凍して「setup.exe」を実行する


メモ

Windows10 『Sモード』搭載のデバイスをお使いの場合には、Microsoft Store以外のアプリをインストール(実行)できません。 Printer Software for mCollectionをインストールできない場合には、Windowsの設定をご確認ください。

3. ウィザードに沿ってインストールを実行する


メモ

Windowsドライバーのインストールについて、詳しくはmCollectionプリンターソフトウェア インストレーションマニュアルをご参照ください。

mCollectionプリンターソフトウェア インストレーションマニュアル

Mac/Linuxをお使いの場合

Mac、LinuxデバイスとmC-Print3を接続して使用する場合は、Mac CUPSドライバー/Linux CUPSドライバーをインストールしてください。

また、Mac、Linuxデバイスの接続手順・ドライバーのインストールについて、詳しくは各OSのソフトウェアマニュアルをご参照ください。