よくあるご質問

ご使用中にトラブルが起こったときには、お問い合わせをいただく前に以下の内容をご確認ください。

また、合わせて「小型プリンター : よくあるご質問」の内容もご確認ください。

電源が入らない

電源を入れてもPower LEDが点灯しない場合、電源ケーブル・ACアダプターが正しく接続されているかを確認してください。 また、電源ソケットが緩んでいる場合があります。電源ソケットが確実に接続されているか確認してください。

ACアダプターを接続する

この説明は役に立ちましたか?


電源を入れる際は、電源ボタンを押してPower LEDが点灯したら電源ボタンを放してください。

電源を入れる/切る

この説明は役に立ちましたか?


ネットワーク通信ができない

Power LEDが点灯していることを確認してください。

電源を入れてもPower LEDが点灯しない場合、電源ケーブル・ACアダプターが正しく接続されているかを確認してください。 また、電源ソケットが緩んでいる場合があります。電源ソケットが確実に接続されているか確認してください。

ACアダプターを接続する

この説明は役に立ちましたか?


Power LEDが青色に、Network LEDが緑色に点灯していることを確認してください。


Network LEDが消灯している

LED表示は「リンクダウン:物理的切断」を示します。LANケーブルが正しく接続されているかを確認してください。

  • コネクターが緩んでいる場合があります。プリンター、ネットワーク機器(ルーター/ハブなど)双方のLANコネクターが確実に接続されていることを確認してください。
  • LANケーブルが断線している場合があります。LANケーブルを接続し直してもNetwork LEDが点灯しない場合、別のLANケーブルを接続して確認してください。
  • 接続先のネットワーク機器が正しく動作しているか確認してください。

Network LEDが点滅している

LED表示は「リンクダウン:IPアドレス未取得」を示します。DHCPサーバーを利用している場合、DHCPサーバーが利用可能な状態であるか確認してください。

LEDランプ表示内容

この説明は役に立ちましたか?


Web ConfigurationやTelnetを利用してプリンター本体のネットワーク設定を変更して接続できなくなってしまった場合、 ネットワーク設定の初期化を行うことでネットワークに接続できるようになる場合があります。

一度「通信設定を初期化する(ネットワーク)」を行い、接続をご確認ください。

通信設定を初期化する

この説明は役に立ちましたか?


閉じたネットワーク環境下(インターネットにつながっていない環境)でSteadyLANご利用の場合に、プリンターにデバイスを接続したままデバイスの電源OFFからの電源ONを行うと、 デバイスの機種によっては、ネットワーク通信ができなくなることがあります。 この場合には、プリンターとデバイスを接続するUSBケーブルの挿抜をお試しください。

この説明は役に立ちましたか?



プリンター設定画面(Web Configuration)に接続できない

Web Configurationに接続する際は、WebブラウザーのJavaScript(Internet Explorer ではアクティブスクリプト)を有効に設定してください。

また、Web Configurationに同時に接続できるデバイス数は、最大2台までです。
3台以上のデバイスから接続する場合は、前の2台のページ読み込みが完了してから(5秒以上経ってから)行ってください。

この説明は役に立ちましたか?



プリンター設定画面(Web Configuration)が正常に表示されない

Web Configurationに接続する際に ”https://[プリンターのIPアドレス]”(SSL/TLS通信) を指定した場合、Web Configurationが正常に表示されないことがあります。

Web Configurationを開く際は ”http://[プリンターのIPアドレス]”(非SSL/TLS通信)を使用してください。

この説明は役に立ちましたか?



SteadyLANが利用できない

SteadyLANをご利用いただくには、SteadyLANを”有効/有効(Android)/有効(Windows)”に設定する必要があります。
専用のアプリ(mC-Print Utility/SteadyLAN Setting Utility for mCollection)を利用して、プリンターのSteadyLANの設定をご確認ください。
Star SteadyLANを利用する

この説明は役に立ちましたか?


MCP31LB, MCP31Lをご使用の場合
SteadyLANをご利用いただくには、LANケーブルとLightningケーブルの接続が必要です。
LANケーブルがプリンターとネットワーク機器に正しく接続されていることを確認してください。 また、LightningケーブルがプリンターのUSB-A(2.4A)ポートとiOSデバイスに正しく接続されていることを確認してください。


MCP31CB, MCP31Cをご使用の場合
SteadyLANをご利用いただくには、LANケーブルとUSBケーブル(C-C)の接続が必要です。
LANケーブルがプリンターとネットワーク機器に正しく接続されていることを確認してください。 また、USBケーブル(C-C)がプリンターのUSB-Cポートとホストデバイスに正しく接続されていることを確認してください。

USB PD(USBパワーデリバリー)非対応のホストデバイスをご使用の場合、通信可能なUSB接続形態であればUSBケーブルを介したネットワーク接続には対応しますが、同時給電はできません。

Star SteadyLANを利用する

この説明は役に立ちましたか?


SteadyLANをご利用いただくには、プリンターのネットワーク設定を行う必要があります。 まずはプリンターのネットワーク通信が正常に動作しているかをご確認ください。
タブレット/PCと接続する(LAN)

この説明は役に立ちましたか?


SteadyLAN機能をmC-Print3でご使用いただくには、mC-Print3のファームウェアが Ver.2.3以降であることが必要です。 お使いのmC-Print3のファームウェアバージョンをご確認ください。 ファームウェアバージョンは、プリンターのテスト印字で印刷されるプリンター情報(1枚目)のタイトル部分に記載されています。
テスト印字をする

お使いのmC-Print3のファームウェアがVer.2.2未満であった場合、専用のアプリ(mC-Print Utility)を利用してファームウェアの更新を行ってください。
アプリをつかう

この説明は役に立ちましたか?


ご使用のプリンターのモデル名称の確認はモデルを確認するをご参照ください。


MCP31LB, MCP31Lをご使用の場合
MCP31LB、MCP31Lモデルでは、iOSデバイス(iPad、iPhoneなど)を使用した場合のみご利用いただけます。

Star SteadyLANを利用する


MCP31CB, MCP31Cをご使用の場合
MCP31CB、MCP31Cモデルでは、Androidデバイス、Windows10以降を搭載したWindowsデバイスを使用した場合のみご利用いただけます。

Star SteadyLANを利用する


MCP30をご使用の場合

SteadyLAN機能は、MCP30モデル ではご利用いただけません。

この説明は役に立ちましたか?


安定した有線LAN接続を行うため、ホストデバイスの [設定]-[Wi-Fi] を”OFF”に設定してください。
Star SteadyLANを利用する

この説明は役に立ちましたか?



タブレットのネットワーク通信が遅くなった

SteadyLANを”有効/有効(Android)/有効(Windows)”に設定した場合、ネットワークに有線接続されたmC-Print3のUSBポート(USB-A(2.4A)または USB-C)にSteadyLANに対応するホストデバイスを接続すると、 ホストデバイスのネットワーク通信は無線LANよりも優先してUSBポートを介した有線LAN接続に切り替わります。

SteadyLANによるUSBポートを介した有線LAN接続は、通信が安定する一方通信速度が1Mbps程度となり無線LANよりも劣る場合があります。
アプリをつかう

この説明は役に立ちましたか?



Bluetooth通信ができない

Power LEDが点灯していることを確認してください。
電源を入れてもPower LEDが点灯しない場合、電源ケーブル・ACアダプターが正しく接続されているかを確認してください。 また、電源ソケットが緩んでいる場合があります。電源ソケットが確実に接続されているか確認してください。

ACアダプターを接続する

この説明は役に立ちましたか?


MCP31Lモデル、MCP31Cモデル、MCP30モデルをご使用の場合、Bluetooth通信には対応しておりません。

また、MCP31CBモデルはiOSデバイスとのBluetooth通信には対応しておりません。

ご使用のプリンターのモデル名称の確認はモデルを確認するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


iOSデバイス <MCP31LBモデルのみ>
Power LED、Bluetooth LEDが青色に点灯していることを確認してください。
LED表示が「Bluetooth未接続」を示す場合(Power LED 青色点灯、Bluetooth LED消灯)、Bluetooth接続が行われていない状態です。
ホストデバイスのBluetooth設定から、利用するプリンターとの接続が完了しているかご確認ください。

iOSデバイス以外(Androidなど)
Power LEDが青色に点灯していることを確認してください。
Bluetooth接続による印刷時やステータス取得時のみBluetooth LEDが青色に点灯します。
ホストデバイスのBluetooth設定から、利用するプリンターとのペアリングが完了しているかご確認ください。

LEDランプ表示内容
タブレット/PCと接続する(Bluetooth)

この説明は役に立ちましたか?


プリンターが他のiOSデバイスとすでにBluetooth接続されていないかご確認ください。

接続されている場合、接続済みのiOSデバイスから接続を一度解除したうえで、別のホストデバイスからのBluetooth接続をお試しください。

タブレット/PCと接続する(Bluetooth)

この説明は役に立ちましたか?


1台のiOSデバイス(iPad、iPhoneなど)を、BluetoothとUSB-A(2.4A)で同時に接続することはできません。

Bluetooth接続されたiOSデバイスをUSB-A(2.4A)に接続した場合、USB-A(2.4A)接続の通信と給電が確立され、Bluetooth接続は解除されます。

マルチインターフェイス ご利用時の注意

この説明は役に立ちましたか?


mC-Print Utlity (iOS/Android)または Printer Software for mCollection(Windows)で設定が確認・変更できる [新規ペアリング許可] 設定がOFF(無効)の時は、 セキュリティを強化した状態のため、接続済みタブレット以外からのプリンターの検索、新規ペアリングができません。

[新規ペアリング許可]設定をON(有効)にするには、ネットワーク設定の初期化(Bluetooth)を行ってください。

タブレット/PCと接続する(Bluetooth)
通信設定を初期化する

この説明は役に立ちましたか?


Bluetooth通信が安定しない

Bluetoothプリンターの通信状態は、周辺の電波環境、障害物の有無、設置環境等に左右されます。本製品を設置する際は、事前に十分な評価を行ってください。

また、Bluetoothプリンター使用上のご注意をご参照のうえ、必要な対策を行ってください。

Bluetoothプリンター使用上のご注意

この説明は役に立ちましたか?


USB通信ができない

USBケーブルの接続方法は、使用するPC/スマートフォン/タブレットのOSによって異なります。お使いの環境に適したケーブルが正しくセットできているかを確認してください。

  • コネクターが緩んでいる場合があります。プリンター、接続先のPC/スマートフォン/タブレット双方のUSBケーブル、Lightningケーブルが確実に接続されていることを確認してください。
  • USBケーブル、Lightningケーブルが断線している場合があります。ケーブルを接続し直しても通信が行えない場合、別のケーブルを接続して確認してください。

この説明は役に立ちましたか?


Windowsデバイスでプリンタードライバーを利用する場合、Windowsプリンタードライバーのインストールを行う前にUSBケーブルを接続すると、OSにプリンターが正しく認識されません。

Windowsプリンタードライバーのインストール前にUSBケーブルを接続してプリンターキューの作成に失敗した場合は、以下の手順でデバイスの削除(またはアンインストール)を行ってください。

  1. プリンターを接続したままデバイスマネージャーを起動します。
  2. 「ほかのデバイス」-「StarMCP31(STR-001)」を右クリックして、プルダウンメニューより「デバイスのアンインストール(Windows10)」または「削除(Windows10以外)」を選択します。
  3. 「デバイスのアンインストールの確認」が表示された場合には確認して実行します。
  4. プリンターのUSBケーブルを抜く、またはプリンターの電源をOFFします。
Windowsプリンタードライバーのインストールを行ってから、再度USBケーブルの接続、プリンターの電源ONを行ってください。

ドライバーをインストールする
USBケーブルを接続する

この説明は役に立ちましたか?


ホストデバイスとしてUSB-A(2.4A)とUSB-Bを同時に利用することはできません。

プリンターの電源が入った状態で両方のデバイスを接続した場合、先に接続したデバイスとの通信のみを行います。 両方のデバイスを接続した状態でプリンターの電源を入れた場合、USB-Bに接続したWindowsまたはAndroidデバイス等と優先して通信を行い、 USB-A(2.4A)に接続したiOSデバイスには最大1.5Aで給電のみを行います。

不要なケーブルが接続されている場合は取り外してください。
または、どちらかのデバイスを他のインターフェイスで接続することをご検討ください。

マルチインターフェイス ご利用時の注意
USBケーブルを接続する

この説明は役に立ちましたか?


通信を目的としたUSBケーブルの接続方法は、使用するホストデバイスのインターフェイス形態によって異なります。
お使いのホストデバイスのインターフェイス形態に合ったケーブルを使用しているかご確認ください。

また、USB PD非対応のUSB-C搭載ホストデバイスをご使用の場合、プリンターでUSB-C機能の切り替えが必要です。

詳しくはUSBケーブルを接続するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


MCP31CB、MCP31CモデルはiOSデバイスとのUSB通信に対応しておりません。

ご使用のプリンターのモデル名称の確認につきましてはモデルを確認するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


SteadyLAN機能が「有効(Windows)」に設定されたプリンターは、AndroidデバイスとのUSB通信ができません。

別のOSのデバイスか、別のインターフェイスからプリンターに接続して、プリンターのSteadyLAN機能を「無効」または「有効(Android)」に設定いただくか、 通信設定の初期化を行ってください。
通信設定の初期化を行う場合には、他の設定項目もご購入時の設定に戻ることにご注意ください。

通信設定を初期化する

この説明は役に立ちましたか?


USBーA(2.4A)は、iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)とUSB接続対応製品(SCD222U、BCP-POP1、DS9208)との通信・給電を行い、その他のUSB機器に対しては給電(最大1.5A)のみを行います。

USBーA(0.5A)は、USB接続対応製品(SCD222U、BCP-POP1、DS9208)のみと通信を行い、その他のUSB機器に対しては給電(最大0.5A)のみを行います。

また、USB-C、USB-BはWindows/Android/Mac/Linuxとの通信を行い、その他のUSB機器の接続には対応していません。

接続方法について詳しくはUSBケーブルを接続するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


MCP30モデルをご使用の場合、USB-Aポートを介して行うiOSデバイス(iPad、iPhoneなど)やその他のUSB接続対応製品とのUSB通信には対応しておりません。

ご使用のプリンターのモデル名称の確認はモデルを確認するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


Power LEDが点灯していることを確認してください。
電源を入れてもPower LEDが点灯しない場合、電源ケーブル・ACアダプターが正しく接続されているかを確認してください。 また、電源ソケットが緩んでいる場合があります。電源ソケットが確実に接続されているか確認してください。

ACアダプターを接続する

この説明は役に立ちましたか?


Power LEDが赤く点灯していないことを確認してください。

プリンターカバーがしっかりと閉じられていない場合、カバーオープンエラー(Power LED:赤点灯)となり印刷をすることはできません。
プリンターカバーを閉じる際は、プリンターカバーの両サイドを押して閉じてください。

用紙をセットする

この説明は役に立ちましたか?


白紙が排出される場合、ロール紙が逆向きにセットされている可能性があります。用紙セットが正しくできているか、ロール紙の向きを確認してください。

用紙をセットする

この説明は役に立ちましたか?


本製品はサーマルプリンターのため、普通紙では印刷できません。 また、印字が薄い等の不具合がある場合、用紙が仕様を満たしていない、用紙が古く劣化しているなどの原因が考えられます。

適合ロール紙仕様をご確認いただき、プリンターの仕様に合った新しい用紙を使用してください。

適合ロール紙仕様

この説明は役に立ちましたか?


PowerLEDが点滅していたり、青色以外で点灯・点滅している場合は、LEDランプ表示内容を参照して、製品の状態を確認してください。

LEDランプ表示内容

この説明は役に立ちましたか?


プリンターが作動する音がするのに用紙が排出されない場合、紙づまりや、ゴムローラーへの用紙巻きつきが起こっている可能性があります。 紙づまりが起きている場合は、紙がつまったら を参照して紙を取り除いてください。

紙がつまったら

この説明は役に立ちましたか?


テスト印字が正しく動作するか、ご確認ください。

テスト印字が正しく動作する場合は、お使いのアプリ、ソフトウェアとプリンターの接続先設定が正しく行われているか確認してください。

テスト印字をする

この説明は役に立ちましたか?


用紙がつまる

印字中または用紙排出中は、用紙に触ったり、排出口を塞いだりしないようご注意ください。

紙づまりの予防

この説明は役に立ちましたか?


紙幅や紙厚等、用紙が仕様を満たしていない場合、紙づまりを起こしやすくなることが考えられます。

適合ロール紙仕様をご確認いただき、プリンターの仕様に合った新しい用紙を使用してください。

適合ロール紙仕様

この説明は役に立ちましたか?


プリンターカバーが閉まらない

プリンターカバーが閉まらない場合、ロール紙の直径が83mm以下であることを確認してください。

適合ロール紙仕様をご確認いただき、プリンターの仕様に合った新しい用紙を使用してください。

適合ロール紙仕様

この説明は役に立ちましたか?


用紙をセットする際は、ロール紙ホルダーに異物(紙管等)が入っていないかを確認してください。

用紙をセットする

この説明は役に立ちましたか?


プリンターカバーが開かない

オープンレバーを引いてもプリンターカバーが開かない場合、紙づまり等が起こりカッターがロックしていることが考えられます。無理にプリンターカバーを開けようとしたり、紙を引っ張ったりしないでください。

まず電源を切った後、再度電源を入れることで自動的にロックを解除します。

電源を再投入してもロックが解除されないときは、ご購入先へお問い合わせください。

電源を入れる/切る

この説明は役に立ちましたか?


タブレットの充電ができない

プリンター本体のPowerLEDが点灯していることを確認してください。

タブレット等USB機器の充電は、プリンター本体の電源が入っている時のみ行えます。

電源を入れる

この説明は役に立ちましたか?


タブレットのUSBケーブル、Lightningケーブルが、本体のUSB-A(2.4A)、USB-A(0.5A)またはUSB-C <MCP31CB, MCP31Cモデル>に確実に接続されていることを確認してください。

イラスト:MCP31LBの場合

USBケーブルを接続する -iOS
外部機器を設置する-USBポート

この説明は役に立ちましたか?


USB-Bで接続する場合、充電は行われません。 MCP31LB、MCP31L、MCP30モデルをお使いの場合、Windows/Android/Mac/LinuxではUSB通信と充電を同時に行うことはできません。

充電を行う場合はUSB-A(2.4A)またはUSB-A(0.5A)を使用してください。また、USB-Bの接続中は、iOSデバイスを使用する場合でもUSB-A(2.4A)の給電が最大1.5Aとなります。

USBケーブルを接続する
外部機器を設置する-USBポート
マルチインターフェイス ご利用時の注意

この説明は役に立ちましたか?


MCP31LB、MCP31Lモデルをお使いの場合
USB-A(2.4A)から供給される電力量は、iOSデバイスを接続した場合最大2.4A、 それ以外のUSBデバイスを接続した場合最大1.5Aです。 iOSデバイス以外のUSB機器の充電をされる場合、ご使用のUSB機器の充電に必要な電力量をご確認ください。

また、USB-Bの接続中にUSB-A(2.4A)にiOSデバイスを接続した場合は、iOSデバイスへの給電も最大1.5Aとなります。

USBケーブルを接続する
外部機器を設置する-USBポート
マルチインターフェイス ご利用時の注意

MCP31CB、MCP31Cモデルをお使いの場合
USB-Cから供給される電力量は、使用するデバイスのインターフェイス形態と使用するUSBケーブルの種類によって異なります。 お使いのデバイスのインターフェイス形態に合ったケーブルをご確認ください。

また、お使いの組み合わせによってはプリンターのUSB-C機能の切り替えが必要な場合があります。

詳しくは外部機器を設置するをご参照ください。

外部機器を設置する-USBポート

この説明は役に立ちましたか?


MCP30モデルをご使用の場合、タブレットの充電には対応しておりません。

ご使用のプリンターのモデル名称の確認はモデルを確認するをご参照ください。

この説明は役に立ちましたか?


タブレットが起動しない

閉じたネットワーク環境下(インターネットにつながっていない環境)でSteadyLANご利用の場合に、プリンターにデバイスを接続したままデバイスの電源OFFからの電源ONを行うと、 デバイスの機種によってはデバイスが起動しない場合があります。 この場合には、プリンターとデバイスを接続するUSBケーブルの挿抜をお試しください。

電源を入れる

この説明は役に立ちましたか?



メロディースピーカー mC-Soundが動作しない

mC-Soundのケーブルが、プリンターの外部機器駆動用コネクタに確実に接続されていることを確認してください。
外部機器を設置する - 外部機器駆動用コネクタ

この説明は役に立ちましたか?


mC-SoundをmC-Print3に接続してご使用いただくには、mC-Print3のファームウェアが Ver.1.3以降であることが必要です。

お使いのmC-Print3のファームウェアバージョンをご確認ください。
ファームウェアバージョンは、プリンターのテスト印字で印刷されるプリンター情報(1枚目)のタイトル部分に記載されています。
テスト印字をする

お使いのmC-Print3のファームウェアがVer.1.3未満であった場合、専用のアプリ(mC-Print Utility / Printer Software for mCollection)を利用して ファームウェアの更新を行ってください。
アプリをつかう

この説明は役に立ちましたか?


mC-Soundのケーブルは、プリンターの電源をONする前に接続してください。
プリンターの電源をONした後にmC-Soundを接続した場合、mC-Soundは正常に動作しません。

また、mC-Soundをプリンター電源ONの後に一度取り外し再度接続した場合は、一度プリンターの電源をOFFして再度プリンターの電源をONしてください。

電源を入れる/切る

この説明は役に立ちましたか?


mC-Soundは音量が”無音”に設定されている場合、音は鳴りません。
お使いのアプリケーション、またはmC-Soundに搭載されたDIPスイッチの設定をご確認ください。

アプリケーションとDIPスイッチの両方で設定を行った場合、アプリケーションからの指示・コマンドが優先されます。

この説明は役に立ちましたか?


その他ご質問

mC-Print Utility(iOS/Android)、Printer Software for mCollection(Windows)を利用すると、mC-Printの設定情報を簡単に確認できます。

また、テスト印字で確認することもできます。

アプリをつかう
テスト印字をする

この説明は役に立ちましたか?


Mac、Linuxデバイスを利用するには、専用のドライバーをインストールする必要があります。
接続手順、ドライバーのインストールについてはこちらをご確認ください。

Mac/Linuxをお使いの場合

この説明は役に立ちましたか?


本機は、サーマルロール紙のカールを矯正するためのデカール機能を備えており、用紙搬送中は常にデカール機構が動作しています。

  • 完全にカールを除去する機能ではありません。
  • レシート印刷から次のレシート印刷までの放置時間によって、レシートの上部付近に軽い折れが発生する場合があります。
  • 使用する用紙、環境によって、カール矯正効果は異なります。
  • サーマルロール紙の種類や紙の残量によっては、カール矯正機能により通常のカール方向とは逆方向にレシートが反る場合があります。

この説明は役に立ちましたか?


Remote Config機能について、詳しくは利用規約書をご参照ください。

Remote Config機能は、以下の手順で停止することができます。


iOS/Androidデバイスをお使いの場合
mC-Print Utilityをインストールしてください。アプリをつかう

  1. mC-Print Utilityを起動します。
  2. 設定するプリンターに接続します。
  3. プリンターの設定変更を行う > Remote Config設定 から、”Remote Config”をOFFに設定します。
  4. [適用する]をタップします。


Windowsデバイスをお使いの場合
StarPRNT for mCollectionをインストールしてください。アプリをつかう

  1. スタートメニューより [StarMicronics]-[Printer Utility mCollection] を起動します。
  2. 設定するプリンターとのコネクションを作成し、接続します。
  3. Printer Utility mCollection(Star Micronics mCollection プリンタユーティリティ)のメニューバーより [Tool]-[Remote Config Setting] を開きます。
  4. 設定ボタンを”無効”に設定して[書き込み]をタップまたはクリックします。


この説明は役に立ちましたか?