USB-C機能を切り替える(充電/通信)<MCP31CB, MCP31Cモデル>

USB-CポートにUSB機器を接続したときのプリンターの応答(USB-C機能)は、設定で切り替えることができます。

初期設定では「給電+通信」設定となっており、USB PD(USBパワーデリバリー)*対応のホストデバイスを接続した場合には給電・通信を同時に行います。
また、USB PD非対応のホストデバイスを接続した場合には、自動的に給電または通信のどちらかを行います。
接続機器とプリンター応答について詳しくは外部機器を設置するをご参照ください。

*USB PD(USBパワーデリバリー)とは
USBを使った電力供給に関する規格です。 お使いのデバイスがUSB PDに対応するかどうかは、Androidデバイスから専用のアプリを利用して確認できます。 詳しくはアプリをつかうをご参照ください。


以下の場合には、USB-C機能の切り替えを行ってください。

USB PD非対応のホストデバイスをUSB-C ↔ USB-Cケーブルで接続する場合
「給電専用」または「通信専用」に設定することでプリンターの応答を制御できます。
USB micro-B ↔ USB-Cケーブルで接続する場合
「給電専用」に設定することで最大7.5W(5V/1.5A)の給電に対応します。

1. 電源を入れる

  • 本体前面にある操作パネル右側の電源ボタンを押し、Power LEDが点灯したら放します。

2. プリンターカバーを開ける

  • オープンレバーを引いて、プリンターカバーを開けます

3. USB-C機能を設定する

  • FEEDボタンを POWER LEDが赤色点滅するまで押して、放します。
  • FEEDボタンを押して放すと、LED表示が切り替わります。
    設定するUSB-C機能を選択します。
LEDによるUSB-C機能設定の選択
通信専用
Power LED 赤0.25秒間隔点滅

[テスト印字表記]
USB-C: Data Only


給電専用
Power LED 青0.25秒間隔点滅

[テスト印字表記]
USB-C: Power Supply Only


給電+通信
Power LED 紫0.25秒間隔点滅

[テスト印字表記]
USB-C: Power Supply / Data


             
  • 設定するUSB-C機能のLED表示になったら、プリンターカバーを閉めて選択した機能を保存します。

  • 初期化が完了するとプリンターのリセットがかかり、テスト印字が印刷されます。 テスト印字の標記内容により、設定状態を確認できます。