日常のお手入れ

快適で安全にお使いいただくため、定期的にお手入れを行ってください。 なお、お手入れの前にメンテナンスに関する安全のご注意をご確認ください。

本体・キャッシュドロアーのお手入れ

1. 電源を切る

  • 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。

本体・キャッシュドロアー外観

ご注意

  • アルコール、ベンジン、シンナー、トリクレン、ケトン系溶剤は使用しないでください。また、中性洗剤を原液で使用しないでください。
    プラスチック部分の変色や変質の原因となります。
  • 乾いた柔らかくきれいな布でプラスチック部分の汚れを拭き取ってください。
  • 汚れがひどい場合には、中性洗剤をごく少量入れた水を柔らかい布に含ませ、よくしぼってから汚れを優しく拭き取り、 その後乾いた柔らかい布で水気を拭き取ってください。

プリンターのお手入れ

ご注意

プリンター内部には印刷中や印刷直後に高温となるサーマルヘッドがあります。 プリンターカバー開閉時には手を触れないように注意してください。

1. 電源を切る

  • 電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。

2. プリンターを引き出す

  • プリンター前面を押してロックを外し、プリンターを引き出します

ご注意

プリンターはいっぱいまで引き出してください。本体を破損する原因となります。

3. プリンターカバーを開ける

  • カバーオープンレバーを手前に引き、プリンターカバーを開けます

サーマルヘッド
  • 綿棒(または柔らかい布)にアルコール溶剤(エタノール、メタノール、イソプロピルアルコール) をつけて、 ヘッドの発熱体部分を拭いてください。
  • サーマルヘッド表面にたまった黒色状の紙粉を除去してください。

ご注意

  • サ−マルヘッドは破損しやすい部品です。清掃の際は柔らかい布で、傷をつけないように注意して清掃してください。
  • サ−マルヘッドが高温になっている印字動作直後は、サ−マルヘッドの清掃は行わないでください。
  • サ−マルヘッドの清掃の際、静電気によるヘッドの破壊等のトラブルの危険性がありますので、静電気には注意してください。
  • 電源はアルコ−ルが完全に乾いた後で投入してください。
ゴムローラー
  • 乾いた柔らかい布でゴムローラの付着物を拭き取ってください。
  • 清掃はゴムローラを回して、ローラ全面に対して行ってください。
センサー、用紙収納部
  • 付着したゴミ、ホコリ、紙粉などを除去してください。

ご注意

  • センサー、用紙収納部付近ののゴミ、ホコリ、紙粉などを取り除く際に、エアーを使用することは避けてください。
    エアーを使用した場合、ゴミ、ホコリ、紙粉などがプリンター内部に入り込み、故障の原因となる場合があります。

バーコードリーダー のお手入れ

外観

ご注意

  • アルコール、ベンジン、シンナー、トリクレン、ケトン系溶剤は使用しないでください。また、中性洗剤を原液で使用しないでください。
    プラスチック部分の変色や変質の原因となります。
  • 乾いた柔らかくきれいな布でプラスチック部分の汚れをふき取ってください。
  • 汚れがひどい場合には、中性洗剤をごく少量入れた水を柔らかい布に含ませ、よくしぼってから汚れを優しく拭き取り、 その後乾いた柔らかい布で水気を拭き取ってください。
読み取り窓

読み取り窓にゴミや汚れが付くと、バーコードリーダーの読み取りに時間がかかったり、読み取りに失敗する場合があります。 読み取りの失敗が続く場合にはお手入れを行ってください。

  • 糸くずの出ない、乾いた柔らかくきれいな布でゴミや汚れ、ほこりをふき取ってください。
  • 読み取り窓に拭いたあとが残らないように注意してください。