取り扱いについて

お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐための内容を記載しています。
本製品をお使いになる前によくお読みいただき、正しくお使いください。

安全に関する記載、または本製品のマニュアルへ記載されている内容以外の不適切な使い方、弊社または弊社の指定以外の第三者による修理/変更などによって生じた障害の責任は負いかねますのでご了承ください。

警告シンボル

このシンボルは、印字ヘッドの近くにあります。
印刷直後は、印字ヘッドが高温になっていますので、印字ヘッドに手を触れないでください。
サーマル印字ヘッドの場合、静電気の発生により、サーマル印字ヘッド中のデバイスが破壊される恐れがありますので、サーマル印字ヘッドには手を触れないでください。
このシンボルは、カッターの近くにあります。
指などを怪我する恐れがありますので、カッターの刃には手を触れないでください。
このシンボルは、外部機器駆動用コネクタの近くにあります。
電話線には接続しないでください。
このシンボルは、サービスマン以外の方が開けてはならないケースや保護板を固定するネジの近くにあります。
サービスマン以外の方はこのネジを取り外さないでください。ケース内部には高電圧部分があり危険です。

警告

  1. 発熱、発煙している、異臭、異音がするなどの場合は、直ちに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。その後、ご購入先へご連絡ください。
    そのまま使用を続けると火災や感電の原因になることがあります。
  2. 分解したり修理・改造は、絶対にしないでください。
    発火、感電、けがの原因になることがあります。
  3. 表示されている電源(AC100V) 以外は使用しないでください。
    指定外の電源を使うと、感電・火災の原因となることがあります。
  4. 電源プラグを抜く時は、ケーブルを引っ張らずに必ずプラグを持って抜いてください。
    電源ケーブルを傷め、ショート、発火、感電の原因になることがあります。
  5. 電源ケーブルを傷つける、加工する、無理に曲げる、引っ張る、ねじる、重いものを載せる、挟み込むなどはしないでください。
    電源ケーブルを傷め、ショート、発火、感電の原因になることがあります。
  6. 痛んだ電源ケーブル・電源プラグ・ゆるんだコンセントは使用しないでください。
    ショート、発火、感電の原因になることがあります。
  7. ぬれた手で電源プラグを触らないでください。
    感電の原因になることがあります。
  8. カッターの刃に手を触れないでください。けがの原因になることがあります。
    - 用紙排出口の中にはカッターがありますので、動作中は勿論ですが、非動作時においても絶対に手を入れないでください。
    - 用紙交換時にプリンターカバーを開けますが、プリンターカバー内部にはカッターの刃がありますので、プリンターカバーオープン状態においてはカッターの刃の付近に顔や手を近づけないようにしてください。
  9. 液体や金属片などの異物が本体内部に入った場合は、直ちに電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。その後、ご購入先へご連絡ください。
    そのまま使用を続けると火災や感電の原因になることがあります。
  10. 本製品の上に、耐荷重を超える重量のものを置かないでください。
    けがや故障の原因になることがあります。

注意

  1. 長時間使用しない場合は、安全のため電源プラグをコンセントから抜いてください。
  2. ケーブルの接続または取り外しを行う場合は、安全のため本製品とコンピュータの電源ケーブルのプラグをコンセントから抜いてください。
  3. 外部機器駆動用コネクタへは電話回線を接続しないでください。
    また安全のために外部機器駆動用コネクタへは過電圧が加わる恐れのある配線を接続しないでください。故障の原因になります。
  4. 印字中およびカッター動作中にカバーを開けないでください。
  5. プリンターカバーを閉じた状態での用紙の引き抜きは行わないでください。
  6. カバーなど開閉部を操作する時は、手を挟まないようにしてください。
    けがの原因になります。
  7. サーマル印字ヘッドの発熱体およびドライバーICの部分は破損しやすいため、金属やサンドぺーパー等を接触させないでください。
  8. 結露等により印字ヘッド表面に水分が付着した状態での印字は行わないでください。
  9. 推奨感熱紙以外を使用しますと、印字品質やサーマル印字ヘッドの寿命を保証できない場合があります。 特に感熱紙の成分に[Na+、K+、Cl-] が多量に含まれていますと、サーマル印字ヘッドの寿命が著しく低下する場合がありますので注意してください。 イオン濃度がNa+ 500ppm、K+ 150ppm、Cl- 300ppm 以下のものを使用されるよう推奨します。
  10. 環境仕様に示された範囲内で使用してください。環境温度・湿度が規格内であっても、急激な環境条件の変化は避けてください。本製品の使用に適した環境は次の通りです。
    動作温度:5℃~35℃
  11. 本製品を廃棄の際は、地方自治体の条例または規則に従ってください。

キャッシュドロア―の取り扱いについて

  1. キャッシュドロアの引き出しを閉める時には、指や手を挟まないようにしてください。
    けがの原因になります。

バーコードリーダーの取り扱いについて

  1. バーコードリーダーの動作中に読み取り窓から光をのぞきこんだり、読み取り窓から出る光を人の目に向けたりしないようにしてください。
    目に障害を与える原因になることがあります。
  2. 高い場所から落としたり、強い衝撃を与えないようにしてください。
    故障の原因になります。

ワイヤレス通信機能の取り扱いについて

本製品には Bluetooth 通信機能が搭載されています。
Bluetooth 通信は各国の電波法の規格により、使用が制限される場合がありますので、ご使用される国での電波法規格と本機が取得している電波法規格をご確認ください。

  1. 本製品が取得している電波法規格の最新情報につきましては、弊社HPをご参照ください。
  2. 本製品は、電波法に基づく小電力データ通信システムの無線局として、技術基準適合証明を受けております。したがって、本製品を使用するときに無線局の免許は必要ありません。 ただし、本製品を分解 / 改造することは法律によって罰せられることがありますので、行わないでください。
  3. 心臓ペースメーカの装着部から 22cm 以上離してご使用ください。
  4. 医療機関内や、航空機内で、無線機器の使用が制限・禁止されている場合があります。
    各医療機関や航空会社の指示に従ってください。
  5. 本製品を使用中に他の機器に電波障害などが発生した場合には、本製品の使用を中止してください